人気の若冲御朱印、全色が限定復活

2016.10.24 07:00

右上から朱色、ピンク、フレッシュグリーン、セージ、ロイヤルブルー、シアン、マリーゴールド、トパーズの全8色が揃う

(写真2枚)

御朱印を集める人々の間で大きな話題となっている「宝蔵寺」(京都市中京区)の伊藤若冲「ドクロスタンプ」。10月28日から同寺にて開催される『秋期京都非公開文化財特別公開』にて、これまで発行されたスタンプの全カラーが登場する。

伊藤家の菩提寺である「宝蔵寺」が今年2月に若冲生誕300年を記念して作成した、同寺が所蔵する若冲筆『髑髏図』の柄が刷られた御朱印。ピンク、フレッシュグリーン、ロイヤルブルーなど季節に合わせて発行された8色を、10日間限定で各色1日100枚ずつ用意。全色が揃うのは本展が最後の予定、またドクロ印自体も来年2月の『若冲生誕会』で終了するかもしれないとのこと。

表紙に若冲筆『竹に雄鶏図』と『髑髏図』が、裏表紙に若冲弟•白歳の『羅漢図』が描かれている。1冊2,000円
表紙に若冲筆『竹に雄鶏図』と『髑髏図』が、裏表紙に若冲弟•白歳の『羅漢図』が描かれている。1冊2,000円

そして、今年7月に登場するや人気すぎて準備が追いつかず、現在は1日20冊限定となっているオリジナル御朱印帳についても「特別公開までにもう少し数を増やせるよう準備中です」と宝蔵寺小島英裕住職。10月14日からは「宝蔵寺 御朱印情報」専用のfacebookを設けて入荷・完売情報を案内している。

取材・文/浅野はるか

『秋期京都非公開文化財特別公開 宝蔵寺』

日程:2016年10月28日(金)~11月7日(月)
時間:9:00~16:00受付終了
会場:宝蔵寺 (京都市中京区裏寺町通蛸薬師上ル裏寺町587)
料金:800円、中・高校生400円、中学生未満は無料(保護者同伴に限る)
電話:075-754-0120(公益財団法人京都古文化保存協会)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本