蓮佛、美術展に「べっぴんがあった」
2016.9.26 22:00

印象派を代表する女性画家、メアリー・カサットの35年ぶりとなる大回顧展が、「京都国立近代美術館」(京都市左京区)で27日から開催。その開会式が26日に同所で行われ、今秋のNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に出演する、女優の蓮佛美沙子が登場した。

『メアリー・カサット展』開会式に登場した蓮佛美沙子
『メアリー・カサット展』開会式に登場した蓮佛美沙子画像一覧

女性画家が少なかった時代に、幾多の困難を乗り越え、画家となったカサットの生き様に迫る『メアリー・カサット展』。『べっぴんさん』でヒロインのすみれ(芳根京子)の姉・ゆりを演じる蓮佛は「このドラマは、生きること自体が難しいなかで、やりたいことで生きて行くためにどうしたらいいのか、試行錯誤しながら生きていく女性たちを描いている作品。メアリー・カサットも、自分のやりたいことを貫いて、絵で表現し続けたたくましさがある。そういうところが共通しているなと感じました」と語り、「今回『べっぴんさん』は自分にしか作ることができない特別な品っていう意味で使われているんですが、ここ(展覧会)にもべっぴんがたくさんあった」と、本展と通じるものを感じたようだった。

「(ヒロイン役の)芳根京子ちゃんが箱を抱えてひたすらトマトを食べてて、衝撃的だった 」と撮影現場での裏話を明かした
「(ヒロイン役の)芳根京子ちゃんが箱を抱えてひたすらトマトを食べてて、衝撃的だった 」と撮影現場での裏話を明かした画像一覧

『べっぴんさん』は10月3日からスタート。「家族や友達から来週からだねって言われるようになって、いよいよなんだなって実感してきました。時間をかけて作っているものがやっと届けられるというワクワクがある。ゆりは、不器用に頑張っている女子代表として、応援してもらえるキャラになればいいな」と、朝ドラ初出演作への思いを語った。

メアリー・カサットの『ふたりの姉妹』という作品が1番想像力をかきたてられたと語った蓮佛
メアリー・カサットの『ふたりの姉妹』という作品が1番想像力をかきたてられたと語った蓮佛画像一覧

『メアリー・カサット展』

期間:2016年9月27日(火)〜12月4日(日)※月曜、10/11休(10/10は開館)
時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
会場:京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町)
料金:一般1,500円、大学生1,100円、高校生600円
電話:075-761-4111
URL:http://www.momak.go.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。