日本酒サミット、全国の蔵元が京都に
2016.9.17 14:00

日本酒離れが深刻化するなか、全国に先立って「日本酒乾杯条例」(2013年)を施行した京都市。その古都に、全国から日本酒の蔵元が集結。食べて・飲んで・知る『日本酒条例サミット in 京都 2016』が11月19日に開催される。

全国から日本酒の蔵元が集結する『日本酒条例サミットin 京都2016』
全国から日本酒の蔵元が集結する『日本酒条例サミットin 京都2016』画像一覧

全国から約100の酒蔵・団体などが「京都市役所前広場」「ゼスト御池 河原町広場」に集結し、蔵元との交流や日本酒が楽しめるこのサミット。「川勝總本家」「京の焼肉処 弘」など、京都市の人気飲食店が日本酒に合うメニューを揃えた食ブースのほか、伝統産業品の京焼・清水焼の一点物のお猪口の展示販売などがスタンバイ。

『日本酒条例サミットin 京都2015』の様子
『日本酒条例サミットin 京都2015』の様子画像一覧

お酒はチケット引換制で、1杯200円~500円(約60ml)。入場料はお酒券100円が10枚セットになって1,000円。作家が手掛けたお猪口付きのプレミアム前売お酒券(限定30セットで3,500円)は発売早々に完売となった。

『日本酒条例サミット in 京都 2016』

日時:2016年11月19日(土)・10:00〜17:00
会場:京都市役所前広場、ゼスト御池 河原町広場
料金:1,000円(お酒券100円×10枚)
電話:075-255-1811(平日10:00〜17:00)
URL:http://www.kyoto-sake.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。