オダギリ&蒼井優映画、大阪で先行上映
2016.8.30 18:00

オダギリジョー、蒼井優主演の映画『オーバーフェンス』。その先行上映会が29日に大阪「テアトル梅田」で行われ、メガホンをとった山下敦弘監督が舞台挨拶をおこなった。

舞台挨拶前に写真撮影に応じた『オーバーフェンス』の山下敦弘監督
舞台挨拶前に写真撮影に応じた『オーバーフェンス』の山下敦弘監督画像一覧

2005年に撮った『リンダリンダリンダ』で一躍脚光を集め、以降は『マイ・バック・ページ』、『苦役列車』、『味園ユニバース』など注目作を手掛けてきた山下監督は大阪芸術大学出身。まさに第二の故郷である大阪での先行上映会には、多くのファンが詰めかけた。

上映後に登場した山下監督は、「今回は蒼井さんと探りさぐり作っていったというか。自分の映画じゃないみたい、全然演出した記憶がありません(笑)」とコメント。またオダギリについては、「こんなに色気のある俳優さんとやるのは初めて。ドラマ『深夜食堂』などで面識もあったんですが、今回はそれもちょっとチャレンジだった」と語った。

『オーバーフェンス』劇中写真 © 2016「オーバー・フェンス」製作委員会
『オーバーフェンス』劇中写真 © 2016「オーバー・フェンス」製作委員会画像一覧

また、質疑応答コーナーでは、「蒼井優さんのヌードシーンが暗い。もっと明るくできなかったのか?」など、大阪らしい(?)質問も飛び出し、監督も思わず苦笑い。そして、「音楽にノコギリを使ってますが、どうして?」という質問については、「照明の藤井(勇)さんから、『カッコーの巣の上で』(1975年、アメリカン・ニューシネマの代表作)を薦められて。あれも最後にフェンスを壊す話で、共通項があるなと思って観てたら、今まで見落としていたんですけど、すごくノコギリの音楽が印象的で。実は、仮編集のとき『カッコーの〜』の音を当てながら作業してたんです。で、音楽の田中(拓人)さんに提案したら気に入ってくれて。それでノコギリになりました」という思わぬ裏話に、客席からは感嘆の声が漏れた。

最新作について、「全然演出した記憶がありません(笑)」と山下敦弘監督
最新作について、「全然演出した記憶がありません(笑)」と山下敦弘監督画像一覧

この日は監督の40歳の誕生日ということで、舞台挨拶の最後にはサプライズでバースデイケーキも登場。映画は9月17日から公開される。

映画『オーバーフェンス』

2016年9月17日(土)公開
監督:山下敦弘
出演:オダギリジョー、蒼井優、松田翔太、ほか
配給:東京テアトル
テアトル梅田ほかで上映
URL:http://overfence-movie.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。