小吹隆文撰・週末アート、8/10〜
2016.8.10 20:00

小吹隆文撰・週末アート、8/10〜

「とにかく誰よりも現場を見て歩く」を信条に、美術ライター・小吹隆文が膨大なアートの海から、いま必見の展覧会をピックアップ! 今週は、文人の水滴、日本近代洋画の巨匠、世界の巨匠の青春時代の作品展を紹介。

 

小さくともキラリと光る、陶芸の精華
『朝鮮時代の水滴−文人の世界に遊ぶ』
@大阪市立東洋陶磁美術館(大阪市北区)

水滴とは硯に水を注ぐ道具で、筆、墨、硯、紙の文房四宝と共に文人の書斎を飾ってきました。朝鮮半島では、朝鮮時代(1392〜1910)の18世紀に文人趣味が流行し、19世紀には数多くの水滴が作られています。

青花鉄砂 葡萄山水文 八角形水滴「葵卯六月日分院」銘 朝鮮時代・1783年 写真/六田和弘 大阪市立東洋陶磁美術館蔵
青花鉄砂 葡萄山水文 八角形水滴「葵卯六月日分院」銘 朝鮮時代・1783年 写真/六田和弘 大阪市立東洋陶磁美術館蔵画像一覧

動物、果実、家形、山形などの形に、様々な文様や銘文を施したそれらには、高潔、清貧、子孫繁栄、富貴長命といった文人の理想・願望が込められているのです。本展では、「大阪市立東洋陶磁美術館」の館蔵品から厳選した水滴126点と、筆筒、紙筒、硯などの文房具、燭台、煙管などにより、当時の文人たちの精神世界を紹介。また、日本人が水滴に注いだ情熱にも触れています。同館で水滴展が行われるのは約30年ぶりであり、その意味でも貴重な機会です。

2016年8月13日(土)〜11月27日(日)
展覧会情報はこちら

 

これぞ正しく日本近代洋画の王道
『日本近代洋画の巨匠 和田英作展』
@神戸市立小磯記念美術館(神戸市東灘区)

農作業を終えた一家が、夕暮れの川のほとりでたたずむ様子を描いた「渡頭の夕暮」や、日本の歴史に題材をとった大作、数々の肖像画、薔薇を描いた静物画、富士山を描いた風景画などで知られる日本近代洋画の巨匠、和田英作(1874〜1959)。

和田英作《渡頭の夕暮》1897(明治30)年 東京藝術大学蔵
和田英作《渡頭の夕暮》1897(明治30)年 東京藝術大学蔵画像一覧

彼は鹿児島県出身で、同郷の黒田清輝の画塾で学んだ後、東京美術学校の助教授に招かれるも、一度同校に入り直し、さらに卒業後4年間のヨーロッパ留学を経て教授に就任しました。その後、校長を務めるなど、日本洋画界のメインストリームを歩んだ巨匠です。初期から晩年までの油彩画、素描、下絵など約80点で、その端正な絵画世界をお楽しみください。具象絵画が好きな人なら、堪能できること請け合いです。

2016年8月13日(土)〜10月10日(祝・月)
展覧会情報はこちら

 

覗いてみよう、巨匠たちの思春期を
『世界の巨匠たちが子どもだったころ』
@美術館「えき」KYOTO(京都市下京区)

20世紀美術の巨匠ピカソが、子どもの頃から大人顔負けの絵を描いていたのは有名な話です。ピカソに限らず、有名な画家たちは10代の頃にどんな絵を描いていたのか、誰もが気になるところでしょう。そんな疑問に答えてくれるユニークな展覧会が京都で行われます。

エドヴァルド・ムンク《雪景色の中の少年》1881年 18歳
エドヴァルド・ムンク《雪景色の中の少年》1881年 18歳画像一覧

この展覧会では、1985年に子どものための本格的な美術館として開館した、「おかざき世界子ども美術博物館」(愛知県岡崎市)の所蔵品より、モネ、ムンク、ロートレック、ピカソ、クレー、岸田劉生、山下清、田中一光、横尾忠則、平山郁夫など、 国内外の73作家が10代の頃に描いた作品118点を展覧。多感な時期の彼らが残した作品を通して、作家の努力や情熱、芸術への真っすぐな思いを感じ取ることができます。

2016年8月11日(祝・木)〜9月11日(日)
展覧会情報はこちら

 

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。