岡田将生「フニャフニャじゃない役を」

2016.8.6 22:18

記念すべき、1人での舞台挨拶を大阪で初体験!

(写真5枚)

清水玲子の大人気コミックを実写化した『秘密 THE TOP SECRET』。「大阪の人に挨拶したい」と岡田将生本人が発起人となり、「大阪ステーションシティシネマ」(大阪市北区)での舞台挨拶が、公開初日8月6日に実現した。

1人での舞台挨拶は初めてという岡田。ちょっと緊張した表情を見せながらも「大阪は主張がすごいですよね。お店でビールかハイボール、どちらを頼むか悩んでいたら勝手にビールが出てきた」と、大阪のノリに圧倒されたエピソードで会場を早速沸かせてから、映画や役柄について語った。

映画の舞台は、死んだ人間の脳をスキャンして事件を解決する、警視庁科学警察研究所第九研究室。岡田将生が演じる捜査官・青木一行は「ふにゃふにゃしていない役です。今までになくマジメで愚直、ストレートな役。こんな男らしいのって今までなかったんですよね。アグレッシブに興奮して演じたのが、すごく新鮮でした」と、新たな一面を見られるのもうれしいポイントに。

「いろんな感想を抱くと思います。みんなで話し合って、たくさんの人に伝えてもらえれば嬉しいです」と挨拶を締めくくった
「いろんな感想を抱くと思います。みんなで話し合って、たくさんの人に伝えてもらえれば嬉しいです」と挨拶を締めくくった

作品のキーなる脳内の記憶を表現するシーンでは、人の視線に近づけるためカメラを頭に装着して、生々しい映像を撮影したそう。「頭が重たかった! でも、上手く撮影できていたらカメラマンにほめられるんですよ。それがうれしくて、がんばろうって思いました」という撮影秘話も。エンドロールには役者としてだけでなく、スタッフ・岡田将生としての名前が載っているそうなので、最後まで注目を。

取材・文/西村円香

『秘密 THE TOP SECRET』

2016年8月6日(土)公開
監督:大友啓史
出演:生田斗真、岡田将生、吉川晃司、松坂桃李、織田梨沙、栗山千明、ほか
配給:松竹

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本