大阪で、近代欧州絵画のオールスター

2016.7.13 07:00
  • 「第1章 印象派」より、右からピエール・オーギュスト・ルノワール《座る浴女》(1903-1906年)、《肘掛椅子の女性》(1874年)と、ギュスターヴ・クールベ《川辺でまどろむよく浴女》(1845年)
  • 「第2章 ポスト印象派」より、右からフィンセント・ファン・ゴッホ《自画像》(1887年)、《オワーズ川の岸辺、オーヴェールにて》(1890年)
  • 「第4章 20世紀のフランス絵画」より、右からアンリ・マティス《ケシの花》(1919年頃)、《窓》(1916年)、《コーヒータイム》(1916年)
  • 「第1章 印象派」より、右からピエール・オーギュスト・ルノワール《座る浴女》(1903-1906年)、《肘掛椅子の女性》(1874年)と、ギュスターヴ・クールベ《川辺でまどろむよく浴女》(1845年)
  • 「第2章 ポスト印象派」より、右からフィンセント・ファン・ゴッホ《自画像》(1887年)、《オワーズ川の岸辺、オーヴェールにて》(1890年)
  • 「第4章 20世紀のフランス絵画」より、右からアンリ・マティス《ケシの花》(1919年頃)、《窓》(1916年)、《コーヒータイム》(1916年)
(写真3枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本