小吹隆文撰・おでかけアート、6/1〜
2016.6.1 18:00

kobuki_5

「とにかく誰よりも現場を見て歩く」を信条に、美術ライター・小吹隆文が膨大なアートの海から、いま必見の展覧会をピックアップ! 今週は、昭和の花嫁支度、近代大阪の日本画、英国ファッションデザイナー、ポール・スミスの展覧会を紹介します。

花嫁道具に見る、船場商人の心意気
『船場花嫁物語』
@大阪くらしの今昔館(大阪市北区)

かつて大阪・船場では、どのような婚礼が行われてきたのか。そんなユニークなテーマを掲げた展覧会が開催中です。

色振袖裾模様
色振袖裾模様画像一覧

大阪は江戸時代以降、経済の中心地として発展しました。そして力をつけた商人たちは、武家の婚姻儀礼に倣った華やかな婚礼を行うようになります。嫁いだ娘が一生不自由しないように、着物や装身具、生活用具をあつらえて、荷物目録と共に送り出したのです。花嫁を迎える婚家では、専用の蔵を作って花嫁道具を収めました。このような風習は昭和戦前期まで続いたといいます。本展では、昭和14年に船場の商家・廣野家が調えた花嫁支度の着物、宝飾品、家具調度などを公開します。大阪の文化と船場商人の底力を知る絶好の機会です。

2016年5月28日(土)〜6月26日(日)
展覧会情報はこちら

 

知られざる大阪の名画家を再評価
『生誕140年記念 上島鳳山と大阪の画家たち ー大阪の美人画は濃い!』
@泉屋博古館(京都市左京区)

明治・大正の大阪で活躍しながら、現在は知る人ぞ知る存在の画家・上島鳳山(1875〜1920)。彼を中心に、近代大阪の画家たちを紹介しているのが本展です。

上島鳳山 六月青簾 十二月美人図より 1909年
上島鳳山 六月青簾 十二月美人図より 1909年画像一覧

上島は、住友家の園遊会で揮毫(毛筆で言葉や絵を描くこと)を行うなど、当時の大阪で人気を博しましたが、後援者の求めに応じて制作することが多く、展覧会活動に熱心ではありませんでした。そのため作品が公になりにくく、経歴をたどるのも難しいため、美術史の中で埋没していったのです。上島の生誕140年を記念した本展では、代表作「十二月美人図」全12幅や未公開作品を展示するほか、彼の祖系にあたる絵師や同時代の画家たちを紹介します。約50点の作品を通して、知られざる近代日本美術史の一面をお楽しみください。

2016年5月28日(土)〜7月24日(日)
展覧会情報はこちら

 

ロンドンで絶賛された展覧会が日本へ
『ポール・スミス展  HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH』
@京都国立近代美術館(京都市左京区)

英国を代表するファッションデザイナー、ポール・スミス。伝統的な職人技と最先端のデザインを融合したその世界は、日本でも絶大な人気を誇ります。彼は現在、世界の70の国と地域で事業を展開していますが、はじまりは1970年にノッティンガムの裏通りにオープンした3メートル四方の小さな店でした。

(左)ノッティンガムの1号店にて (右)ポール・スミス
(左)ノッティンガムの1号店にて (右)ポール・スミス画像一覧

ポール・スミスの人生と業績を回顧する本展では、1号店やオフィス、デザインスタジオを再現するほか、ブランドの歴代コレクション、ポール自身がコレクションした美術品や私物の数々、彼の頭に浮かぶイメージを再現した映像インスタレーションなどが展示されます。出展総数は約2800点。ファッションやデザインが好きな人にはたまらない企画です。

2016年6月4日(土)〜7月18日(祝・月)
展覧会情報はこちら

 

 

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。