ジブリを支えた男、阪急で原画展
2016.4.14 13:00

「僕が出会った何百人ものアニメーターの中でも、屈指といっていい」と宮崎駿に言わしめたアニメーター、近藤喜文(1950〜1998年)。多くのジブリ作品を手掛けた彼の、絵コンテや原画など約500点が「阪急うめだギャラリー」(大阪市北区)で展示される。

「耳をすませば」セル画 1995年
「耳をすませば」セル画 1995年画像一覧

1970年代から宮崎駿、高畑勲の作品を作画面で支えた近藤喜文。高畑が『火垂るの墓』、宮崎が『となりのトトロ』を制作した時期がかぶり、2人の間で近藤争奪戦が行われたのは有名な話だ。高畑が演出した1979年放映のアニメ『赤毛のアン』でキャラクターデザイン、作画監督に抜擢され、才能を開花させた近藤。これまで手掛けた作品は、アニメ『ルパン三世』(オープニング原画・原画)、アニメ『未来少年コナン』(原画)、映画『魔女の宅急便』(作画監督)、映画『おもひでぽろぽろ』(作画監督・キャラクターデザイン)、映画『もののけ姫』(作画監督)など。誰もが知る名作ばかりだ。

「赤毛のアン」LDボックス用イラスト 1992年 © NIPPON ANIMATION CO.,LTD
「赤毛のアン」LDボックス用イラスト 1992年 © NIPPON ANIMATION CO.,LTD画像一覧

今回の展覧会は、最初で最後の監督長編作品となった『耳をすませば』公開20年を記念したもの。日本のアニメーションを作り上げた高畑、宮崎、その2人の巨匠にとって欠かせない近藤の偉大な功績がここに蘇る。期間は4月27日から5月9日まで。

『この男がジブリを支えた。近藤喜文展』

期間:2016年4月27日(水)~5月9日(月)
時間:10:00〜20:00(金土は〜21:00)※最終日は18:00まで
会場:阪急うめだギャラリー(うめだ阪急9F)
料金:一般900円、大高中学生700円、小学生以下無料
URL:http://www.hankyu-dept.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。