阿部サダヲ「重岡はホントいい息子」
2016.4.8 19:30

重税に苦しむ庶民のため、私財をなげうって町を救う。250年前の実話にもとにした映画『殿、利息でござる!』の完成披露試写会が8日、「大阪ステーションシティシネマ」で行われ、主演の阿部サダヲと息子役の重岡大毅(ジャニーズWEST)、中村義洋監督が舞台挨拶を行った。

『殿、利息でござる!』の完成披露試写会に登場した主演の阿部サダヲ
『殿、利息でござる!』の完成披露試写会に登場した主演の阿部サダヲ画像一覧

舞台は江戸中期。破産と夜逃げが相次ぐ宿場町・吉岡宿。千両(現在の価値で3億円)を藩に貸し付け、その利息で町を救うという前代未聞の計画のため、元手の資金集めに奮闘する庶民たちの実際の記録がベースとなっている。

主人公・穀田屋十三郎を演じた阿部は、「最初、実在する人物だと知らなくて。監督に訊いたら、『いい人だよ』って。そうか『いい人』か。でも、ここまでとは思わなくて、台本読んで驚きました」とコメント。演じるにあたり、「町を良くしようということだけ考えて、必死感を出して演じてました」と語った。

ひとり5円で協力した「銭集めプロジェクト」の壺を持つ阿部サダヲ(右)と中村義洋監督
ひとり5円で協力した「銭集めプロジェクト」の壺を持つ阿部サダヲ(右)と中村義洋監督画像一覧

また、この日。息子役の重岡は、ジャニーズ関連以外の舞台挨拶を初体験。父を演じた阿部サダヲについて訊かれた重岡は、「めちゃ楽しかったです。娘役のAKBの岩田華玲ちゃんと3人、ホントの家族のように良くしてもらいました」と撮影を振り返ると、阿部は「息子がジャニーズで、娘がAKB。で、私がグループ魂という(笑)。この前、Mステーションにたまたま同じ日に出演して。(重岡は)本番で歌っているのに、僕の顔をずっと見てくるんですよ。いい息子だなと思いましたねぇ」と話すと、重岡も「ターンも後ろ(向き)を長めにして、阿部さんを見てました(笑)」と、会場を湧かせた。

阿部の息子への想いは止まらず、「うちの息子は、ホントにいい息子でね。この間、大阪で舞台があったんですけど、その横の大阪城ホールでジャニーズWESTさんがコンサートをやってて。まぁ〜、お客さんの数が違う! すごかったですよ。いい息子だなぁと思いましたね。こんなお客さんが呼べるなんて。列がすごいんだ。その若い女の子たちが、まぁ、こっちを見ない。ビックリした(笑)」と誇らしげ(?)に語る場面も。この映画は5月14日から公開される。

映画『殿、利息でござる!』

2016年5月14日(土)公開
原作:磯田道史(『無私の日本人』所収『穀田屋十三郎』文春文庫刊)
監督:中村義洋
出演:阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、ほか
配給:松竹
大阪ステーションシティシネマほかで上映
© 2016「殿、利息でござる!」製作委員会
URL:http://tono-gozaru.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ