京の老舗甘味処が仕掛ける「かざり羹」

2016.4.9 09:00

店主の西川葵さん。アンティークのショーケースをアレンジしたカウンターも特徴的

(写真5枚)

1927年創業、京都・河原町通の甘味処「梅園」(京都市中京区)が新展開として、「うめぞの茶房」(京都市北区)をオープン。羊羹(ようかん)をベースにした和菓子「かざり羹」の新しさと、見た目のかわいらしさからも話題になっている。

店主でもある西川葵さんは、みたらし団子が名物の「梅園」の3代目。2010年に「うめぞのCAFE&GALLERY烏丸店」をオープンさせ、抹茶のパンケーキを新たな京都名物として生み出した仕掛け人。「京都には和菓子店や甘味処が多くあり、新鮮な感覚で和菓子に接する場所も増えてきましたが、まだまだ洋菓子に比べると新しい作り手が生まれてくることが少ないので」と生み出したのが、「かざり羹」だ。

かざり羹 紅茶350円。一緒に、お抹茶やほうじ茶、煎茶などがいただけるほか、今後、コーヒーと和紅茶などもメニューに加わる予定
かざり羹 紅茶350円。一緒に、お抹茶やほうじ茶、煎茶などがいただけるほか、今後、コーヒーと和紅茶などもメニューに加わる予定

フルーツや生クリーム、白あんなどがトッピングされた「かざり羹」はまるで洋菓子のよう。材料は、わらび粉、蓮根粉、寒天などを使って、しっとりとした口どけに。こしあん、抹茶、ココア、紅茶、ラズベリー、ブルーベリーのほか、季節の素材を使ったレモンやさくらなど、常時8種類揃う予定。築100年の店内でイートインもできお茶処として、また手土産としても重宝しそう。

取材・文・写真/松永大地

繊細な飾りが魅力、一つずつ異なる
繊細な飾りが魅力、一つずつ異なる

「うめぞの茶房」

2016年3月24日(木)オープン
住所:京都市北区紫野東藤森町11-1
営業:11:30~19:00(18:30LO) ※不定休
電話:075-432-5088

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本