うめだ阪急に亀田の「高級柿の種」店
2016.4.8 16:00

阪急うめだ本店食品売場に「ハッピーターンズ」を展開する亀田製菓が、今度はプレミアムな柿の種の専門店、『TANEBITS(タネビッツ)』を、4月20日にオープンする。

新発売の「タネビッツ」は、5種類の味わい。ブック型のパッケージに入って各540円(15g×4袋)
新発売の「タネビッツ」は、5種類の味わい。ブック型のパッケージに入って各540円(15g×4袋)画像一覧

1966年に発売した「柿の種」は、今年で販売50周年。ご当地風味など、味のバリエーションは38種類を数える。阪急とコラボした今回のプレミアム企画について、同社営業本部シニアマネージャーの岡村利康さんは、「亀田の柿の種は、カリッとした食感が命です。焼き上げる生地の厚み、中が空洞であるきれいな形をキープするのが難しく、この食感は死守したかった」という。「それで、通常の柿の種をベースに、味のバリエーションを展開するのではなく、新製法を開発しました」。焦がす、揚げる、燻す、漬けるの4つの製法で5つの味わいを実現。手作りに近い形で生産するので、1日各500箱の販売が限界だという。

左から、「焦がし醤油」、「から揚げ」、「天ぷら」、「さくらスモーク」、「たまり二度漬」。衣をつけて揚げたから揚げと天ぷらは、新食感でおすすめ
左から、「焦がし醤油」、「から揚げ」、「天ぷら」、「さくらスモーク」、「たまり二度漬」。衣をつけて揚げたから揚げと天ぷらが、新食感でおすすめ画像一覧

生醤油の風味が香ばしい「焦がし醤油」、下味をつけてカラッと揚げた「から揚げ」、薄衣をつけてサクッと揚げ、わさび塩で仕上げた「天ぷら」、桜のスモークウッドで燻製した芳醇な香りの「さくらスモーク」、たまり醤油でじっくり味をつけた「たまり二度漬」の5種類を販売。新製法の食感や風味をとことん味わってほしいと、ピーナッツは入っていない。ネット販売の予定はなし。

ギフトボックスは、好みで詰め合わせができる3箱入1,782円、5箱入2,873円。オリジナルの紙袋に入れてもらえる
ギフトボックスは、好みで詰め合わせができる3箱入1,782円、5箱入2,873円。オリジナルの紙袋に入れてもらえる画像一覧

『TANEBITS(タネビッツ)』

2016年4月20日(水)オープン
住所:阪急うめだ本店B1(大阪市北区角田町8-7)
営業:10:00〜20:00(金・土曜は〜21:00)※不定休
電話:06-6361-1381(代)
URL:URL:http://www.hankyu-dept.co.jp/

URL:http://www.kamedaseika.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。