三谷幸喜が文楽と組み、大阪で初上演

2016.4.8 07:00

三谷文楽 in 大阪『其礼成心中』より 写真/尾嶝太

(写真2枚)

NHK大河ドラマ『真田丸』も話題の脚本家・三谷幸喜が、初めて文楽とタッグを組んだ『其礼成心中』。2012年に初上演され、2013年、2014年と再演されるほど人気の本作が、物語の舞台である大阪「森ノ宮ピロティホール」(大阪市中央区)で7月に初開催。10日にチケットが発売される。

舞台は元禄十六年。大阪で近松門左衛門の『曾根崎心中』が大ヒットし、その舞台となった「天神の森」は心中のメッカとなる。その森の入口にある饅頭屋の夫婦と心中にやってくる男女を、三谷らしいテンポの良い笑いで繰り広げる物語。人形だからこそ生まれる、ユーモアや機微に心打たれるはずだ。公演は7月1日〜11日まで。一般8,000円。

三谷文楽 in 大阪『其礼成心中』の作・演出、三谷幸喜
三谷文楽 in 大阪『其礼成心中』の作・演出、三谷幸喜

三谷文楽 in 大阪『其礼成心中』

日時:2016年7月1日(金)~11日(月)
会場:森ノ宮ピロティホール
料金:一般8,000円、U-25券5,000円(全席指定)
電話:0570-200-888(キョードーインフォメーション)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本