デザイン大国、スイス展が西宮で
2016.4.8 14:00

日本人にとってアルプスの名峰や永世中立国のイメージが強いスイスは、世界屈指のデザイン大国でもあります。その全貌を伝える『スイスデザイン展』が、「西宮市大谷記念美術館」(兵庫県西宮市)で始まりました。

「スイスデザイン展」より、歴代観光ポスターの名品
「スイスデザイン展」より、歴代観光ポスターの名品画像一覧

展覧会は、日本とスイスが国交を樹立した約150年前の資料をプロローグに、「自然・観光・交通」のコーナーで幕を開けます。観光ポスターや鉄道の資料、スイス航空のブランディングを見れば、その歴史と質の高いデザインが分かります。

「スイスデザイン展」会場風景。ネフ、シグ、フライターグの展示
「スイスデザイン展」会場風景。ネフ、シグ、フライターグの展示画像一覧

続く「企業デザイン」のコーナーでは、ビクトリノックス(ナイフ)、スウォッチ(時計)、シグ(アルミ製ボトル)、ネフ(玩具)、フライターグ(鞄など)といったスイスを代表する企業のデザインを紹介。3番目の「普遍的デザイン」では、「スイス・スタイル」として有名なグラフィックデザインの名作を中心に、椅子や家電製品などのプロダクトも併せて展示されており、マックス・ビル(デザイナー)とル・コルビュジエ(建築家)のコーナーも設けられています。

「スイスデザイン展」会場風景。展覧会の最後を飾る現代のデザイナーたちの展示
「スイスデザイン展」会場風景。展覧会の最後を飾る現代のデザイナーたちの展示画像一覧

そして最後は、現代を代表するデザイナーたちの仕事が並ぶコーナー。家具、食器、家電、テキスタイル、グラフィックデザインなどの作品が一堂に並び、華やかな余韻と共に幕を閉じます。

これらの展示物を見て感じるのは、スイスデザインの底流に、普遍性、機能性、実用性を重視する姿勢が貫かれていることです。また、手仕事を重視する職人気質、伝統と現在の融合といった特徴も感じられました。展示総数は約700点。スイスデザインの全体像がうまくまとめられており、デザイン好きの方ならきっと満足できるでしょう。

文・写真/小吹隆文(美術ライター)

『スイスデザイン展』

期間:2016年4月2日(土)〜5月29日(日)
時間:10:00〜17:00 ※入館は16:30まで 水曜休 ※5/4開館、5/6休館
会場:西宮市大谷記念美術館(西宮市中浜町4-38)
料金:一般800円、大高生600円、中小生400円
電話:0798-33-0164
※会期中に関連イベントあり。詳しくは公式サイトにて
URL:http://otanimuseum.jp/home/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。