野村萬斎「宮迫さんのサイン分かった」

2016.4.30 13:30

映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』の舞台挨拶に登場した狂言師の野村萬斎

(写真2枚)

残留思念を読み取ることができる超能力をもった元芸人を、狂言師・野村萬斎が演じた映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』。その舞台挨拶が30日、「梅田ブルク7」(大阪市北区)でおこなわれ、野村萬斎、雨上がり決死隊・宮迫博之、金子修介監督らが登場した。

元芸人・仙石和彦を演じた野村は、「脚本を読んだとき、こう来たか!という思いはありましたが、相方が宮迫さんだったので、大船に乗った気持ちでいきました」とコメント。その相方・マイティ丸山を演じた宮迫は、「日本の伝統芸能の萬斎さんですから。漫才も(狂言風に)『なんでやねん!』とか、いろいろ考えてたんですけど、すごく空気感があって。練習せず、いきなり本番でできましたら、ビックリしました」と絶賛。

舞台挨拶には野村萬斎のほか、福本愛菜、宮迫博之、金子修介監督らも登場(左より)
舞台挨拶には野村萬斎のほか、福本愛菜、宮迫博之、金子修介監督らも登場(左より)

それを聞いた野村は、「お互い、話芸といえば話芸なので。(間を)溜めたり、伸ばしたり・・・あ、来るな、来るなと。サインが分かるなぁと思いましたね」と、狂言で培った技量で漫才も難なくこなした様子だった。本業の狂言の枠にとどまらず、映画、ドラマ、バラエティで活躍する野村だが、現代劇は今回が初挑戦。映画は29日より公開中。

映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』

2016年4月29日(祝・金)公開
監督:金子修介
出演:野村萬斎、宮迫博之、安田章大、杉咲花、木村文乃、ほか
配給:東映

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本