宮迫「一度も先輩に怒られたことない」

2016.4.30 13:00

「宮迫です!」で最初に観客をつかんだ雨上がり決死隊・宮迫博之

(写真2枚)

ドラマ『リーガル・ハイ』などで知られる脚本家・古沢良太が書き下ろした謎解きミステリー映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』の舞台挨拶が30日、「梅田ブルク7」(大阪市北区)でおこなわれ、主演の野村萬斎、雨上がり決死隊・宮迫博之らが登壇した。

残留思念を読み取ることができる超能力をもった元芸人・仙石が主人公の今作。司会者から「知られざる能力・特技」を訊かれた宮迫は、30年近い芸能生活で一度も先輩に怒られたことがないとコメント。「先輩が怒りそうな瞬間が分かるんですよ。先輩が後輩を怒りそうやなと思ったら、スッとトイレに行くんです。で、帰ってきたら後輩が怒られてて。先輩が『こいつがな・・・』と言うたら、『それはあかんで、お前。でもね兄さん、こいつが言うのは兄さんが好きやから』って、結局2人ともに好かれるという(笑)」と、厳しい世界を生き抜く術を披露し、場内の笑いを誘った。

役者としても評価の高い宮迫博之、本作では売れない芸人を演じた
役者としても評価の高い宮迫博之、本作では売れない芸人を演じた

映画では、漫才コンビ解散後は泣かず飛ばすのピン芸人、マイティ丸山を演じた宮迫。現在、全国の劇場にて公開されている。

映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』

2016年4月29日(祝・金)公開
監督:金子修介
出演:野村萬斎、宮迫博之、安田章大、杉咲花、木村文乃、ほか
配給:東映

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本