進化するかき氷、2016年の最新動向
2016.4.29 10:00

最近は夏に限らず、一年中話題になっている「かき氷」。今年はさらに素材使いから技法まで進化、ビジュアルも華々しくなり、食材・食感ともに新時代へ突入するかき氷が、関西で注目を集めている。

シロップは卵黄、牛乳、砂糖でミルクセーキのような味に。焦がしキャラメルのかけらをトッピング。カリカリとした歯ごたえがアクセントに。
シロップは卵黄、牛乳、砂糖でミルクセーキのような味に。焦がしキャラメルのかけらをトッピング。カリカリとした歯ごたえがアクセントに 写真/沖本明画像一覧

「コクウカフェ」(大阪市西区)の「クリームブリュレ氷」(1,000円)
氷にのせた砂糖をそのままバーナーの炎で炙ってキャラメリゼする、衝撃のクリームブリュレかき氷! 一瞬で甘く芳しい香りが鼻孔を刺激。生クリームと卵黄で作るコク深いクリームは味わいだけでなく、ぽってりとした柔らか具合も絶妙。目の前でパフォーマンスしてくれるので、大興奮間違いなし。

芳醇な味わいにうっとり、なリッチチョコレートエスプーマかき氷(左)。右は、キャラメルシロップにねっとりとしたミルクジャムを合わせ、食感にも変化をつけたバナナのかき氷
芳醇な味わいにうっとり、なリッチチョコレートエスプーマかき氷(左)。右は、キャラメルシロップにねっとりとしたミルクジャムを合わせ、食感にも変化をつけたバナナのかき氷 写真/コーダマサヒロ画像一覧

「チョコレート研究所」(大阪西区)の「リッチチョコレートエスプーマかき氷」(900円)
何よりもチョコを愛し、スイーツレポーターとしても活躍する店主・染川ちひろさん。「氷は味がないから、チョコの個性が出せる」と、かき氷に使う果物がイチゴなら、ベリーのような酸味のマダガスカル産、オレンジならビターなエクアドル産とカカオ豆の産地を変え、ベストな組み合わせを追求する姿勢に感服。

カフェバー「Grow」(大阪市北区)の「バナナのかき氷」(800円)
50種類以上のテキーラとフルーツカクテルが自慢のが作る、大人のためのかき氷もバーテンダーならではのひと味違ったアレンジが魅力!ヘーゼルナッツのリキュールの芳ばしい香りがふわり。キャラメルシロップに、ねっとりとしたミルクジャムを合わせ食感にも変化を。上には練乳と黒蜜が。

korekuru_1

これらのかき氷をはじめ、「スモーブロー」や「ブルーパブ」など、2016年にSNSを賑わせるであろうグルメやスイーツの最新情報は、「関西コレクルMagazine」(京阪神エルマガジン社発行)に掲載。

文/編集部、西村円香(コクウカフェ、チョコレート研究所、Grow)

「関西コレクルMagazine」

2016年4月26日(火)発売
定価:580円+税
発行:京阪神エルマガジン社
URL:http://lmaga.jp/mook/korekuru_magazine.html

インスタグラム公式アカウント:korekuru_magazine
URL:https://www.instagram.com/korekuru_magazine/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。