大人&高級路線へ 特化型ビアガーデン
2016.4.26 12:01

大阪・本町にある「セント レジス ホテル 大阪」が、『セントレジス ビアガーデン』を4月23日からスタート。ほかのブッフェ形式のビアガーデンとの差別化を計り、贅沢感とスペシャル感を味わえるビアガーデンを目指す。

「ザ セントレジス」8,800円であれば、スペシャルプレート付(単品2,600円)。シャンパン、カクテル、ビール、ワイン、ソフトドリンクのフリーフロー付き(よなよなエールはプラス料金で追加可)
「ザ セントレジス」8,800円であれば、スペシャルプレート付(単品2,600円)。シャンパン、カクテル、ビール、ワイン、ソフトドリンクのフリーフロー付き(よなよなエールはプラス料金で追加可)画像一覧

12階の日本庭園「天空の庭」を取り囲むように席が配置され、少人数制の同ビアガーデン。もともと料理はアラカルトでのオーダーが中心となるが、6回目の今回は、かねてから多くのリクエストがあった和食と、最近特に女性客に需要が高いステーキなどのグリル料理を全面に打ち出した。また、シャンパンのフリーフロー(飲み放題)に、100年以上もの歴史を持つ「シャルル・エドシック」をチョイスし、昨年よりもグレードアップ。

地上50mで緑を眺めてながら、2人席であれば横並びに
地上50mで緑を眺めてながら、2人席であれば横並びに画像一覧

「大人のビアガーデンとしての贅沢感、その雰囲気を楽しんでいただければ。また、最近は海外からのお客も増えているので、和食にも力を入れていきたいという背景もありました」と副支配人の山下誠さん。真鯛の荒炊き、鯛の胡麻味噌茶漬けなど、ビアガーデンらしからぬメニューも。そして、グリル料理はUSプライム ハネシタ、和牛フィレ、国産牛サーロインを100gから、好みのグラム数でオーダー可(国産牛サーロインであれば100g・5,200円)。大人数でいっぱい飲んで食べて…というよりも、優雅に好きなものを好きな分量で、少人数やカップルでスペシャル感を演出する時に利用するのがおすすめだ。

毎日行われる「シャンパン・サーベル」。勢いよくシャンパンが吹き出す
毎日行われる「シャンパン・サーベル」。勢いよくシャンパンが吹き出す画像一覧

ほぼ毎日、サーベルでスパッとボトルをカットする、セントレジス伝統の「シャンパン・サーべル」も開催。料金はドリンクのみのプラン「リチュアル」4,800円から、グリル、スペシャルプレート、パスタかピザが付く「ラグジュアリー」10,800円までが揃う(以上、アミューズ料金500円別)。期間は10月30日まで。

『セントレジス ビアガーデン』

期間:2016年4月23日(土)〜10月30日(日)
時間:17:30〜22:30(土日祝17:00〜)
※10月は金土日祝のみ
場所:セント レジス ホテル 大阪12階「天空の庭」特設テラス
電話:06-6258-3333
URL:http://www.stregisosaka.co.jp/jp/beergarden2016

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。