京都国際写真祭、注目作品は?
2016.4.27 14:00

京都の寺院や歴史的建造物、近現代建築を舞台に行われる国際的フォト・フェスティバル『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭』。今年は「Circle of Life いのちの環」 をテーマに、15会場で14の展覧会が行われています。

「ティエリー・ブエット個展」会場風景(堀川御池ギャラリー)
「ティエリー・ブエット個展」会場風景(堀川御池ギャラリー)画像一覧

筆者のおすすめは、ティエリー・ブエット個展(堀川御池ギャラリー)。生まれて1時間以内の新生児を撮影した作品25点が並んでいます。くしゃくしゃの顔で笑い、泣き、きょとんとする赤ちゃんたちはまさに生命そのものですが、実はすべてが体外受精専門の病院で撮影されています。そこには生命への讃歌と共に、人為的に生命を操作することへの懐疑という、相矛盾するテーマが潜んでいます。

「アルノ・ラファエル・ミンキネン個展」会場風景(両足院/建仁寺内)
「アルノ・ラファエル・ミンキネン個展」会場風景(両足院/建仁寺内)画像一覧

また、アルノ・ラファエル・ミンキネン個展(両足院/建仁寺内)は、自然と作者自身の身体が一体化した情景を写し出しており、その静けさと美に心を打たれました。

「PLANKTON 漂流する生命の起源」より、クリスチャン・サルデ作品(京都市美術館別館)
「PLANKTON 漂流する生命の起源」より、クリスチャン・サルデ作品(京都市美術館別館)画像一覧

さらにもう一つ挙げるなら、クリスチャン・サルデが捉えたプランクトンの写真に、高谷史郎のインスタレーションと坂本龍一の音楽を組み合わせた「PLANKTON 漂流する生命の起源」(京都市美術館別館)でしょうか。この3展は自信を持っておすすめできます。

今年の展示を大別すると、芸術写真、報道写真、ファッション写真、学術写真、歴史写真といったところ。たとえば、難民問題を扱う「マグナム・フォト EXILEー居場所を失った人々の記録」(無名舎)や、日本の戦後を厳しい眼差しで問い続けた「福島菊次郎展」(立命館大学国際平和ミュージアム、堀川御池ギャラリー)は現在の世相と相まって強い関心を集めるでしょう。一方「コンデ・ナスト社のファッション写真で見る100年」(京都市美術館別館)は、ファッション写真の名作がずらりと並び、観客を甘美な夢の世界へと導きます。また芸術写真では、サラ・ムーン個展(ギャラリー素形、招喜庵/重森三玲旧宅主屋部)に要注目です。

文・写真/小吹隆文(美術ライター)

『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2016』

期間:2016年4月23日(土)〜5月22日(日)
   ※時間、休みは会場ごとに異なる
会場:京都市内の15カ所→虎屋 京都ギャラリー、ギャラリー素形、招喜庵(重森三玲旧宅主屋部)、堀川御池ギャラリー1階・2階、立命館大学国際平和ミュージアム、誉田屋源兵衛 黒蔵、無名舎、京都市指定有形文化財長江家住宅、京都市美術館1階・2階、ロームシアター京都、SferaExhibition、ASPHODEL、両足院(建仁寺内)、村上重ビル 地下、何必館・京都現代美術館
料金:パスポート=一般3,200円、学生(大高生・専門学生)2,000円 ※何必館・京都現代美術館を除く全会場に会期中1回のみ入場可能 
プチパスポート=一般2,000円 ※何必館・京都現代美術館を除く4会場/1日のみ有効)※会場ごとに料金が異なる 
電話:075-603-8146(KYOTOGRAPHIE事務局)

URL:http://www.kyotographie.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。