世界に誇る日本家電、大ラジカセ展
2016.4.22 21:00

1960年代に日本で生まれた合体家電「ラジカセ」。近年レコードブームなどアナログ回帰が盛り上がるなか、ラジカセの魅力を多方面から紹介する大規模な企画展『大ラジカセ展』が、22日から「梅田ロフト」(大阪市北区)で開催される。

スタンダード系からカジュアル系、多機能系・・・と100台並ぶので、使っていたものがあるかも
スタンダード系からカジュアル系、多機能系・・・と100台並ぶので、使っていたものがあるかも画像一覧

「1人に1台」といわれるほど一般家庭に普及し、原宿・ホコ天の路上パフォーマンス、ニューヨークではストリート文化に欠かせないものになるなど、いろんな文化を担ってきたラジカセ。なかでも日本製のラジカセは、日本人が得意とする「合体・複合」の多機能で、世界トップレベルの家電として海を超えて愛されてきた。が、デジタルの登場により、永年衰退。日々大量に捨てられるラジカセに、「今、救済しなければなくなってしまう」と立ち上がったのが、日本随一のラジカセ・家電蒐集家である松崎順一さんだ。

長年愛用していたというSONYのCF-1980型を持つ、ラジカセ蒐集家の松崎順一さん
長年愛用していたというSONYのCF-1980型を持つ、ラジカセ蒐集家の松崎順一さん画像一覧

「10年前に会社をやめて、毎日ラジカセなどを拾って集め始めたんですが、当時は家電なんて見向きもされていなくて、ゴミを集めてどうするんだと変人扱いされていました。ラジカセって、『人に一番近い家電』だと思うんです。カセットテープは自分で録音して編集できるから、とてもフレンドリーで愛着も強い。音も粗っぽいけど味があって良い。そんなところが、モノが溢れた時代で逆に新鮮で個性的に感じるのか、今、20代の若者にウケているようです。アナログの豊かさ、モノを愛でることの大切さを実感できますよ」と、松崎さん。

キーボードやレコーダー、リズムボックス、テレビなどが付いた日本独特の多機能ラジカセ
キーボードやレコード、リズムボックス、テレビなどが付いた日本独特の多機能ラジカセ画像一覧

この企画展では、松崎さんが10年間で集めた約5,000台から、厳選したラジカセ100台がずらりと並ぶ。深夜ラジオのお供として普及した「スタンダード系」から、女性をターゲットにした「カジュアル系」、キーボードやレコードなどてんこ盛りに付け加えた「多機能系」、ヒップホップのアイコン(日本ではホームカラオケ用)だった「ビッグスケール」など、カテゴリー別に展示。多機能ゆえ、デザインなどのアイデアもユニークで、ラジカセを知らない世代の人が見てもおもしろいものばかり。「ゴツいけど愛らしく、それでいてハイスペックなラジカセは、日本家電業界発展の影の立役者だと思います。こんなに点数がある大規模な企画展はかつてないので、さまざまなラジカセを見て、メイドインジャパンのすごさを実感してほしい」と締めくくった。5月5日には松崎さんが来場し、メッセージカセットを作るワークショップも開催される(4月22日より受付開始)。

水道橋博士やみうらじゅん、伊藤桂司らのオリジナルカセットアートやカセットコレクションも展示
水道橋博士やみうらじゅん、伊藤桂司らのオリジナルカセットアートやカセットコレクションも展示画像一覧

『大ラジカセ展』

期間:2016年4月22日(金)〜5月17日(火)
時間:10:30〜21:00(最終日は〜18:00、最終入場は閉場の30分前)
会場:ロフトフォーラム(大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト5F)
料金:一般300円、学生・ロフトアプリユーザー200円、小学生以下無料
電話:06-6359-0111(代表)
URL:http://dairadicasseten.haction.co.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。