記録続出 ルービックキューブ関西大会
2016.3.22 13:47

全面をいかに速く揃えるか競う「ルービックキューブ関西大会2016」が3月19日から2日間、「大東市立市民会館」(大阪府大東市曙町)で開催。キューブに情熱をかける約70名の参戦者たちが集結し、3種目で日本記録が更新された。

よく見かける3×3×3の通常のルービックキューブだけでなく、より難易度の高い変型のパズルも登場
よく見かける3×3×3の通常のルービックキューブだけでなく、より難易度の高い変型のパズルも登場画像一覧

競技の流れはこんな感じだ。バラバラに崩されたキューブが蓋で隠された状態で机の上に置かれる。蓋を取ったら15秒間キューブを見ることができ、専用の計測機械「スタックタイマー」に両手を置いて離すとタイム計測開始。全面が揃ってスタックタイマーに両手を置くとタイマーが止まり、審判が確認し1回の試技が終わる。それを5回行い、最速と最遅を抜いた3タイムの平均で順位が決まる。それぞれ制限時間も定められている。

会場内はカシャカシャとルービックの回転音が鳴り、緊張感が漂う。参加者は待機席でもずっと練習
会場内はカシャカシャとルービックの回転音が鳴り、緊張感が漂う。参加者は待機席でもずっと練習画像一覧

カテゴリーは通常のルービックキューブ部門をはじめ、片手で揃える部門、足で揃える部門など18種目。複数個のルービックキューブの配置を見て覚え、目隠しをして一気に揃える「複数目隠し競技」など、超人的な競技もある。パズルの揃え方には一定のルールがあり、いかに正確に順序良く解いていくかがカギ。隣で好タイムが記録されたりするとプレッシャーがかかり、精神の乱れが直ぐにタイムに影響する。

無駄のない回転と正確な面揃えで、過去の記録を0.8秒上回る27秒53で日本記録を樹立した伊藤さん
無駄のない回転と正確な面揃えで、過去の記録を0.8秒上回る27秒53で日本記録を樹立した伊藤さん画像一覧

この日、3×3×3の通常のルービックキューブより複雑な4×4×4キューブ部門で優勝し、日本記録を樹立した伊藤崚さん。「率直にうれしい。リラックスして挑めたのがカギになった。4×4×4キューブだけでなく、もうひとつ優勝した5×5×5キューブも極めて、さらに記録を伸ばしていきたいです」と次なる目標を語った。また伊藤さん以外にも今回、スクエア1部門で髙岡誠さん、スキューブ部門で岡田典之さんが日本記録樹立。2016年10月にはアジア大会、2017年には世界大会も開催されるため、情熱をかける彼らの活躍に大いに期待したい。

取材・文・写真/岡田由佳子

「日本ルービックキューブ協会」

URL:http://jrca.cc

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。