京都鉄道博物館、スタッフ制服を発表
2016.3.18 14:05

4月29日にグランドオープンする、JR西日本による国内最大級の「京都鉄道博物館」(京都市下京区)。その受付案内・ミュージアムショップ・レストラン・ナシ20形食堂車およびSLスチーム号乗り場係員の制服が発表された。

17日に発表された「京都鉄道博物館」受付案内の制服(左から秋冬1、秋冬2、春夏1、春夏2)
17日に発表された「京都鉄道博物館」受付案内の制服(左から秋冬1、秋冬2、春夏1、春夏2)画像一覧

デザインコンセプトは、「地域とのつながり」と「迎え入れる」こと。花鳥風月をデザインエッセンスに取り入れ、若草色・鶯色(うぐいすいろ)・緋色(ひいろ)・栗茶など、京都の四季や自然を感じさせる色合いをセレクト。日本伝統の遊びである折り紙の手法を用いてタックや切り替えディテールに京都らしさを表現している。

ミュージアムショップの制服(左から、秋冬、初夏)
ミュージアムショップの制服(左から、秋冬、初夏)画像一覧

京都鉄道博物館は、「制服は機能性も兼ね備えており、喜びと誇りを持ち楽しんで働くことができる制服となるよう制作。お客さまから話しかけていただきやすいよう、制服には博物館ロゴをあしらっており、京都鉄道博物館らしさを象徴する制服となっております」とコメント。博物館には、SLや新幹線、ディーゼル機関車など引退した計53両が収蔵されるほか、乗務員が訓練で使用する運転シュミレータの体験などがある。

「京都鉄道博物館」

2016年4月29日(祝・金)オープン
住所:京都市下京区観喜寺町
時間:10:00~17:30(入館は17:00まで)
※水曜、年末年始(12/30〜1/1)休
料金:一般1,200円、大高校生1,000円、中小学生500円、幼児(3歳以上)200円
URL:http://www.kyotorailwaymuseum.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ