春日大社神獣、800年を経て初公開
2016.3.29 18:00

現在第60次式年造替が行われている「春日大社」(奈良県奈良市)では、御本殿内の神前に奉安される獅子・狛犬が新調されることに。これを記念して6月1日~30日に、800年も安置されていた古来の神獣が初めて公開されます。

右から第一殿獅子/第一殿狛犬(写真:桑原英文)
右から第一殿獅子/第一殿狛犬(写真:桑原英文)画像一覧

獅子・狛犬といえば、「あ・うん」の形相で、通常は参道の両脇でよく見られますが「春日大社」では、非公開の神域をお護りするため、古くより御神前に獅子・狛犬を奉安。今回、初めて公開される4対8躰は、調査の結果、そのうち6体が鎌倉時代の作。木製寄木造、漆地に金箔を押し彩色されていること、平安風の面影を残す穏やかなフォルム、渦を巻く毛先や顔の向きなどの様式から、800年前の制作とされる。なかには、獅子と狛犬の配置が通常と左右逆で、狛犬の後ろ足も立ち上がった珍しいものもあり、いずれも歴史的・美術的に極めて貴重な宝物であることが明らかに。

また、併せて展示される、鎌倉時代の狛犬の姿も描かれた『春日権現験記(春日本)』や、神前を守る一対の獅子を描いた『牛頭天王曼荼羅板絵』など、希少な文化財も見逃せません。人目に触れず、静かに聖域を護った神獣のパワーを感じにぜひ。

取材・文/浅野はるか

「御出現! 春日大社の神獣展」

期間:2016年6月1日(水)~6月30日(木)
時間:9:00~16:00(最終入場)
会場:春日大社景雲殿(奈良市春日野町160 春日大社御本殿 西隣)
料金:300円 ※小学生未満は無料
電話:0742-22-7788
URL:http://www.kasugataisha.or.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。