京都の老舗問屋、キッチン雑貨店展開
2016.3.1 21:42

明治45年の創業以来、京都で生活用品の卸し業を営んできたカワタキが、3月1日、自社初となるショップ「川端滝三郎商店」(京都市中京区)をオープンした。

店舗は錦市場からすぐ。創業者の名前がそのまま店名に使われている
店舗は錦市場からすぐ。創業者の名前がそのまま店名に使われている画像一覧

2フロア展開の店内には、調理器具や食器、ファブリックなど、「くらすをたのしむ」をテーマにキッチンや食卓まわりのものが並ぶ。100年以上続く生活用品問屋だけあって日本全国に取引先を持ち、ショップでも40社以上の商品を取り扱う。どの商品も、機能性の高さと手頃な価格を兼ね備えているのが魅力。また、鉄器のごはん窯やアルミ鋳物製無水鍋など、あると暮らしが楽しくなるアイテムに出合える。

商品それぞれに”作り手”の紹介カードが添えられていて、読めばさらに欲しくなる
商品それぞれに”作り手”の紹介カードが添えられていて、読めばさらに欲しくなる画像一覧

プロに愛される業務用アイテムが揃うのも、ここならでは。たとえば、薄いが丈夫で割れにくい愛知県「石塚ガラス」のグラスや、直火にかけられる静岡「富士ホーロー」の保存容器、さらには、右利き用のほか左利き用もある新潟「本間製作所」の仔犬印雪平鍋など、家庭で日常に使えるアイテムがセレクトされている。

入口にはイチオシ商品が、ひと目で分かるようにディスプレーされた棚
入口にはイチオシ商品が、ひと目で分かるようにディスプレーされた棚画像一覧

日本の手仕事に注目し、大分「山下工芸」の竹籠や「大阪錫器」のちろりなど、全国の工芸品もピックアップ。食器で注目は、信楽焼や小鹿田焼、萩焼など、丈夫で手頃な窯元のもの。清水焼の名工、五代目清水六兵衛の曾孫にあたる清水大介夫妻が「日常づかい」にこだわった清水焼を提案する「トキノハ」は、常設販売しているところも少なく、おすすめだ。

江戸時代創業の「大阪錫器」。錫は水を浄化し、雑味を取り除くと言われ、酒器にすれば日本酒がまろやかな味わいになる
江戸時代創業の「大阪錫器」。錫は水を浄化し、雑味を取り除くと言われ、酒器にすれば日本酒がまろやかな味わいになる画像一覧

※3月1日〜8日は、オープニングセールを開催。一部の商品を除き、10%オフで購入できる。

取材・文/天野準子

『川端滝三郎商店』

2016年3月1日(火)オープン
住所:京都市中京区麩屋町通錦小路下ル桝屋町505 
時間:10:00〜18:00 ※水曜休
電話:075-708-3173
URL:http://www.kawataki-kyoto.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。