人気過ぎるいちごブッフェ 中国料理も
2016.2.22 18:54

今年は関西のホテルのいちご食べ放題企画が激化。昨年は満席続きとなった背景を踏まえて、期間を延長するところ、また新たに参入するところも。そんななか、まさかの中国料理をいちご仕様にするホテルが登場。「ヒルトン大阪」(大阪市北区)の中国料理「王朝」で、『ストロベリー・チャイニーズランチブッフェ』が2月20日~4月24日まで土日祝限定で開催される。

普段のタレに、いちごのジャムを加えて漬け込んだ「苺風味のバーベキューポーク」
普段のタレに、いちごのジャムを加えて漬け込んだ「苺風味のバーベキューポーク」画像一覧

「今年はブラッセリー「チェッカーズ」で初めていちごデザートの食べ放題を開始したのですが、とても好調です。さらに、ほかにはない企画を実現するため、もう少し攻めてみたいと思いまして」と広報担当者。そこで、通常の週末ブッフェメニューの約1/3をいちごアレンジに。ドレッシングのいちごピューレを混ぜたエビやホタテの冷製サラダ、甘酢にいちごジャムを加えた酢豚など4種のごはんメニューと、ごま団子や杏仁豆腐といった約6種のいちごデザートを堪能できる。

前菜、メイン、デザートでいちごメニューを楽しめるように
前菜、メイン、デザートでいちごメニューを楽しめるように画像一覧

「酢豚にパイナップルや鴨料理にオレンジを使ったり、フルーツの酸味と甘みを生かしたメニューは中国料理に多く、すんなりとメニューは決まりました。生のいちごを使うだけでなくピューレ状にしたり、いろんなアレンジのお料理で楽しんでもらえたらと思っています」と料理長の甲谷慎三さん。例えば、チャーシューも甘い酸味が生かされて、いちごが上にのっていなければ気付かないほどの相性の良さ! 「初日はいちごのメニューなんて、とお客様からのご指摘があるかなと思ったのですが、すんなり受け入れてもらえたのでほっとしています」との話にも納得だ。

いちごの酸味で軽やかな後味に仕上がった「苺ごま団子」、ほかにイチゴココナッツミルク、杏仁豆腐といった中国スイーツもいちごに
いちごの酸味で軽やかな後味に仕上がった「苺ごま団子」、ほかにイチゴココナッツミルク、杏仁豆腐といった中国スイーツもいちごに画像一覧

通常スイーツブッフェであれば、女性客がメインとなるが、こちらでは家族やカップルで訪れる人が多数。北京ダックやオマール海老、点心なども揃っているので、スイーツに興味がない相手も誘いやすく、いちごのデザートもしっかり堪能できるという魅力があるようだ。いちご企画の間口を広げるという意味でも、今後さらなるムーブメントをみせるかもしれない。

『ストロベリー・チャイニーズランチブッフェ』

期間:2016年2月20日(土)〜4月24日(日)の土日祝限定
時間:11:30〜15:00(入店14:30)
場所:ヒルトン大阪3F 「王朝」(大阪市北区梅田1-8-8)
料金:大人3,900円、4〜12歳2,400円(税サ別)
電話:06-6347-0310(レストラン予約)

URL:http://hiltonosaka.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。