急降下芸人が急降下アクションをPR

2016.2.9 20:45

試写会イベントに登場したジョイマンの高木(左)と池谷

(写真2枚)

ノーCGで撮影した圧巻のスタントが話題となっている映画『X-ミッション』の公開記念特別試写会が8日、「梅田ブルク7」で行われ、お笑い芸人のジョイマンが登場した。

世界的に有名なトップアスリートをスタントに起用し、超特大の波に乗るサーフィンや絶壁を滑走するスノーボードなどの危険極まりないシーンをすべてCG無しで撮影した映画『X-ミッション』。スクリーンいっぱいに展開される「桁外れの急降下アクション」が一番の魅力だ。

そんな映画をPRするために登場したのが、ブレイクから現在までの落ちっぷりが桁外れという理由でキャスティングされたジョイマン。「コンビ名を知っている方は?」と司会者から客席へ質問、まばらに手が挙がる悲惨な状況にも「14人くらいいますね? まあ、2008年以降に生まれた人は知らなくて当然ですから!」と一発屋扱いは慣れた様子。2008年のブレイクネタを絡ませ、「『X-ミッション』行こうよ、ナナナナ〜、ナナナナ〜、なにぬねノーCG!」と即興でネタを披露した。

高木は「最高180万円あった月収が今は11万円です」と告白
高木は「最高180万円あった月収が今は11万円です」と告白

「最高180万円あった月収が今は11万円です」(高木)、「僕なんてジョイマンの『じゃない方』なので8万円です。誰か仕事ください!」とトークで会場を沸かせつつ、「めちゃくちゃわんぱくな映画でした!飛行機から落ちたり、僕なんて高所恐怖症なので、(手で目を押さえて)こうやって見てました」と、急降下アクションのすごさをアピールした。映画は2月20日から公開される。

取材・文・写真/上地智

映画『X-ミッション』

2016年2月20日(土)公開(2D/3D)
監督:エリクソン・コア
出演:エドガー・ラミレス、ルーク・ブレイシー、ほか
配給:ワーナー・ブラザーズ映画
1時間54分
梅田ブルク7ほかで上映
© 2015 Warner Bros. Ent. © Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本