バンドマンの聖地 難波ロケッツ閉店
2016.2.8 19:31

多くの音楽ファンに愛され続けて25年、大阪・南海電鉄の高架下にあるライブハウス「難波ROCKETS」(大阪市浪速区)が2月末に閉店することが発表された。

難波ロケッツ
難波ロケッツ画像一覧

1991年のオープン以来、LUNA SEAや黒夢、Dir en grey、Janne Da Arc(ジャンヌダルク)など数多くのアーティストが出演。なかでもL’Arc-en-Ciel(ラルク アン シエル)は結成当時、ここをホームグラウンドとしており、彼らの「聖地」として今もなお全国からファンが訪れている。また、プロから学生まで幅広いバンドマンに愛されており、閉店の知らせを聞いて訪れる人も。大阪在住の29歳女性は「大学時代にサークルで出演したこともある憧れの場所なので、寂しい」と思い出の場所を写真に納めていた。ネットにも「もう一度出演したかった」「真ん中の邪魔な柱が懐かしい」「バラードの時の電車の音が思い出深い」など閉店を惜しむ声が多く寄せられている。

25年分の思い出が詰まった壁
25年分の思い出が詰まった壁画像一覧

公式サイトには「オープンから25年、永きに渡り関わってくださいました皆様には、心より感謝申しあげます。数多くの方々の楽しめる場所で在れたことを誇りに思います」とのコメントが掲載されている。2016年3月以降に決まっていた公演については、サイトにて順次振替公演が案内されるとのこと。

「難波ROCKETS」

場所:大阪市浪速区難波中2-11-1 なんばピア6025
電話:06-6649-3919
URL:http://nambarockets.com/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ