ポルトヨーロッパ、春から入園無料

2016.2.2 10:20

開業から22年目を迎える、和歌山マリーナシティ

(写真5枚)

テーマパークや市場、温泉、ホテルなどの集まったリゾートエリア「和歌山マリーナシティ」(和歌山市毛見1527)。そのひとつ、ヨーロッパ南部の港街をイメージしたテーマパーク「ポルトヨーロッパ」が、3月19日より入園無料となる。

本格的なヨーロッパの街並みに加え、急流すべりや観覧車などのアトラクション、花火やキャラクターなど季節のイベントで人気の同施設。同日より入園料(大人1,500円、小人900円)が無料となり、アトラクションやイベント利用料のみで楽しめるオープンパークとなる。アトラクションが乗り放題のパスは、大人2,700円、小人2,300円とそれぞれ以前から200円アップ。そのほかのパスや年間パスポートについては未定。

今回入園無料に踏み切った背景として、「同エリアで入場無料の「黒潮市場」は利用者が増えている反面、「ポルトヨーロッパ」への入場者は若干減少していた。これまで和歌山市内に本社のあるスーパー「オークワ」のポイントカード提示で入園無料のサービスがあるなど、近隣の利用者にとっては再訪問しやすかったが、これからは海外や遠方からの観光客も、市場に寄ったその足で利用してもらえれば」と広報担当者は話す。

1日3回行われるマグロの解体ショー
1日3回行われるマグロの解体ショー

今後、「黒潮市場」もパワーアップ。これまで人気だったマグロの解体ショーはもちろん、ホホ肉、尾の身、内臓などマグロの珍しい部位のメニューや鮨、ラーメン、竜田揚げ、ステーキなどマグロづくしの料理が楽しめるマグロのテーマパークになるという。

「ポルトヨーロッパ」

2016年3月19日(土)より入園無料
住所:和歌山市毛見1527
電話:0570-064-358

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本