大阪で増える 本気ラーメンの居酒屋

2016.2.10 12:13

「どぎゃん」ラーメンの中でも一番人気、高井田中華そば702円

(写真9枚)

飲んだ後のシメにラーメンなんて、「ついついやってまうやろー」と誰でも経験あるはず。だが昨今、ラーメン専門店の味を凌駕する、本気で作ったハイクオリティな一杯でシメられる居酒屋が大阪市内で増殖中だ。

元来、宮崎郷土料理居酒屋の「どぎゃん」(大阪市西区)では、店主の探求心から新しいラーメンを次々開発。しかも、高井田風アレンジや、鶏白湯など、時代の流れにしっかり対応している。濃厚な鶏ガラスープに濃口醤油、コシのある太麺がマッチした高井田中華そばや、新潟の燕三条背脂ラーメン、台湾まぜそばなど本格揃い。

また中崎町の「中崎きりがね食堂」(大阪市北区)では、本気のとんこつしょうゆほか、牛スジのカレーラーメンや、パクチーカレーラーメンと、独自の創作の世界へ突入! 醤油ラーメンは、背脂を浮かべたスープが鶏ガラメインの豚骨を合わせたあっさり味。シメに最適の一杯。

「中崎きりがね食堂」醤油ラーメン(特製ニラダレ付き)730円。背脂を浮かべたスープは鶏ガラメイ ンの豚骨を合わせたあっさり味。シメに最適の一杯
「中崎きりがね食堂」醤油ラーメン(特製ニラダレ付き)730円

逆にもともと母体が居酒屋のラーメン店「福島壱麺」(大阪市福島区)には、ラーメン店ながらも日替わりのアテ多数。地酒をたんまり楽しんだ後、豚骨系と魚介系の2人の職人による関西ラーメン界でもトップクラスの本気ラーメンでシメ。15種類の節から取ったダシと、日替わり鮮魚(この日は牡蠣)を使った純和風の日替わり海鮮塩ラーメンなど、ラーメンの種類も豊富だ。

「福島壱麺」日替わり海鮮塩ラーメン780円。15種類の節から取ったダシと、日替わり鮮魚を 使った純和風ラーメン。当日は牡蠣
「福島壱麺」日替わり海鮮塩ラーメン780円

名物アテも充実の3軒なら、居酒屋としてもラーメン店としても、満足できること間違いなし。一軒で呑んで食べてシメまで満喫、完結できるのだから、これからも増えていきそう。2016年前半戦、この流れに注目!

取材・文・写真/まんぷくライター・曽束政昭

本気ラーメンが食べられる大阪の居酒屋

「どぎゃん立売堀店」
住所:大阪市西区立売堀1-6-14
営業:11:30~14:00、17:00~24:00(土曜17:00~22:30) ※日・祝休
電話:06-6543-6689

本気ラーメンが食べられる大阪の居酒屋

「中崎きりがね食堂」
住所:大阪市北区中崎町2-4-27
電話:06-6485-3535
営業:11:30~14:00、17:00~翌2:00(土日祝15:00~翌2:00) ※無休

本気ラーメンが食べられる大阪の居酒屋

「福島壱麺」
住所:大阪市福島区福島5-6-16 ホテル阪神B1
電話:06-6456-3142(予約050-5570-4335)
営業:11:00~15:00、18:00~23:00 ※無休

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本