竹内結子「恐がりですみません」
2016.1.15 20:17

戦慄のミステリー・ホラー映画『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』の舞台挨拶が大阪市内で15日に行われ、主演の竹内結子をはじめ、橋本愛、坂口健太郎、中村義洋監督が登壇した。

左から、坂口健太郎、橋本愛、竹内結子、中村義洋監督
左から、坂口健太郎、橋本愛、竹内結子、中村義洋監督画像一覧

原作は、「手元に本を置いておくことすら怖い」と言われた小野不由美の小説『残穢』で、奇妙な音がする女子大生の部屋の謎に竹内演じる主人公の作家が挑むというもの。メガホンをとった中村監督は、『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』のヒット作も記憶に新しいミステリーの名手だ。

「中村監督は現場がまず楽しい。俳優陣にはお芝居するときに無理がないよう、すごく気を遣ってくださいます。でも、今回は若干違いました。ちょっと暗かったです」と竹内が語ると、監督は「本当はもっと暗くしたかったけど、(竹内が)ものすごい恐がりなんで」と暴露。竹内は思わず「すみません」と頭を下げた。

「現場がちょっと暗かった」と語った竹内結子
「現場がちょっと暗かった」と語った竹内結子画像一覧

そんな現場について坂口が、「怖いシーンや静かなシーンで、監督がめちゃくちゃ楽しそうなんです」とコメントすると、監督は「このメンバーがある場所に突入するシーンがあるんですけど、ぶっつけ本番で。竹内さんのリアルな反応が面白くてニヤニヤしてしまいました」と白状。竹内にとっては、大変な撮影だったようだ。

イベントの最後、橋本が「昨日は東京で完成披露だったんですけど、その帰り、部屋の電気が一瞬パチパチってなりました。今日は楽しんでください」と、何かありげに挨拶すると、竹内は「愛ちゃんの家には行きたくないと思いました。明日からの生活において、身近ななにか、今まで気にもしなかったことが気になる作品です。どうぞ存分に浸ってください」と締めくくった。映画は1月30日から「大阪ステーションシティシネマ」ほかで公開される。

『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』

2016年1月30日(土)公開
監督:中村義洋
出演:竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、ほか
配給:松竹
© 2016「残穢 住んではいけない部屋」製作委員会
URL:http://zang-e.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ