中川大志「初恋は幼稚園の同級生」
2015.12.24 21:00

この秋には、『南くんの恋人』『監獄学園』と、2本のドラマに主演。新年にはNHK大河ドラマ『真田丸』にも出演するなど、今、大注目の17歳、中川大志。23年ぶりに映画化された『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』では、まるちゃんの家にホームステイをするイタリアの小学生・アンドレア役として、声優にも初挑戦! その仕事とプライベートについてうかがいました。

声優に初挑戦した俳優・中川大志
声優に初挑戦した俳優・中川大志画像一覧

──映画『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』では、大阪・道頓堀での食い道楽シーンもありました。大阪には何度か来られてますか?

いつも仕事で来るので、あんまり大阪らしいことはできてないんですけど、さっき、お好み焼きを食べました。僕にとって大阪=お好み焼きってイメージ。家では食べるけど、外食では初体験だったんで、感動しました。めちゃくちゃおいしかったです。でも、実は道頓堀にはまだ行ったことがないんです。通天閣とか、大阪の象徴的なところを見て回りたいですね。

──アフレコは現場に行かなくてもできますもんね(笑)。初の声優体験はどうでした?

難しかった! 画面の向こうに出来上がったキャラクターがいて、僕はこっち側で声だけを演じる。新鮮で楽しい反面、戸惑いも大きかったです。アンドレアは「イタリア人だけど、日本語をまあまあ喋れる」という設定だったので、監督と相談して、やりすぎない程度に、時々文節を変なところで区切ってみたりとか、あとは、小学生らしさを意識して、いつもよりフレッシュな声を出したつもりです(笑)。

──演じながら、小学生の頃を思い出したりしたのでは? 小学生から俳優業をしていたから、あんまり思い出はないですか?

いやいや、キッチリ行ってましたよ。もう、ふっつーの、やんちゃ坊主!学校から帰ったら、玄関にランドセル置いて、そのまま飛び出して行く悪ガキ。クラスの4〜5人と「キャンプがしたいなぁ」と盛り上がって、「じゃあ、うちの屋上にテント張って泊まる?」って、やったことあるんですけど、それが真冬の2月で、凍死するかと思いました(笑)。

──チャレンジャーですね(笑)。小学生とは思えない行動力。

小3くらいの時は、一人暮らしにすっごく憧れてて。それで、また屋上にテント広げて、一人(?)で暮らし始めたんです。お気に入りの漫画に、教科書、洋服も持ち込んでご満悦。「最低でも半年は住むぞ!」って心に誓ってたのに、3日目くらい・・・学校行っている間に台風が来てて、僕の家(テント)吹き飛ばされてたんです。持ち込んだ宝物もビッチョビチョ。これまた強制終了でしたね(笑)

──そういう好奇心が俳優への扉を開くキッカケに?

全然考えてなかったです。その頃の夢は、サッカー選手かダンサー。3歳からダンスを習ってたから、どちらかというとダンサー志望だったかな。それが、稽古の帰りに原宿で父と買い物してたら、「俳優に興味ありませんか?」とスカウトされて。そのときは断ったんだけど、数日後にまた同じ人から声を掛けられたので、その晩に家族会議をして。小さい頃からダンスのステージには立ってたので、人に見てもらうことの気持ち良さや楽しさは知っていたし、その前にミュージカルに出演したことも印象に残ってた。それで「僕やってみたい!」って言いました。

インタビューの受け答えも爽やか
インタビューの受け答えも爽やか画像一覧

──実際にやられてみて、俳優業はどうですか?

今は、等身大の高校生の役がほとんど。まあ、南くん(『南くんの恋人』)みたいなツンデレ&クールなキャラが等身大かと言われると、全然違いますけど(笑)。だけど今後は、悪役とか、狂気的な役とか、主人公と対立する側の人も演じてみたい。自分とかけ離れたキャラクターの方が演じ甲斐を感じるし、「自分以外の人になれる」というのが俳優業の醍醐味だから。あと、いずれは舞台をやってみたいという夢もあります。

──お仕事で忙しい毎日、プライベートではどんな息抜きを?

祖父の影響で、昔からカメラが好き。ロケ現場で撮ったりしてます。あと、旅行も好きで、こないだは家族で沖縄へ。温泉なんかは結構行きます。それと、最近は釣りにハマってます! 無心になれるのがいいんですよね。仕掛けて、待って、魚がかかったときの快感! これ、男の本能ですかね、狩りの本能(笑)。

──もしかして恋も「待つ」タイプですか?

いえ、女性には自分から行きますっ!

『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』<br />© 2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝 博報堂DYメディアパートナーズ 読売広告社 FNS27社
『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』
© 2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝 博報堂DYメディアパートナーズ 読売広告社 FNS27社
画像一覧

──男らしい!そういえば、まるちゃんとアンドレアって、本人たちは「友情」だと思ってるみたいですが、これ「初恋」だと思いませんか?

思います! でも、2人がそう認識するまでにはまだ少し時間がかかるんですよね。「振り返ってみれば、初恋だったなぁ」みたいな。僕の初恋は、幼稚園で同じクラスだった、髪の短い元気な女の子。すごく仲良しで、お昼寝の時間も一緒に寝てたのを覚えてます。今も、明るくて・元気で・面白い子に惹かれるんで、好みって変わらないんですね(笑)。そのあと僕は引っ越したので、それ以来会ってないけど、名前もちゃんと覚えてますよ。

──お別れの時には泣いたりもしました?

うーん。どうだったかなぁ。ちなみに最近泣いたのは、『ちびまる子ちゃん』の完成試写でした。台本読んだ時にもウルウル来てたんですけど、アンドレアが帰国する前日、まるちゃんと一緒に灯籠を見るシーンが、キレイで切なくて号泣でした!

取材・文/hime 写真/上地智

『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』

2015年12月23日(祝・水)公開
原作・脚本:さくらももこ
監督:髙木淳
出演(声):TARAKO、中川大志、劇団ひとり、パパイヤ鈴木、ほか
配給:東宝
1時間34分
URL:http://chibimaru-movie.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。