鈴木梨央、祖父は「おじいくん」
2015.11.4 21:05

世界的名作に新たな解釈を加えて後日譚として描いた映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』。大阪市内で行われた舞台挨拶に、日本語吹替版で主人公を担当した子役・鈴木梨央が登場した。

京都弁で挨拶した鈴木梨央
京都弁で挨拶した鈴木梨央画像一覧

NHK連続テレビ小説『あさが来た』で、京都の豪商の娘・あさ(波瑠)の幼少期を演じている鈴木梨央。「今日は来てくれはって、毎度おおきに。大阪の町は活気があって、えらい気に入ったわ。みなさん今日は楽しんでいってください」と、京都弁で挨拶。

10歳にして、数々の映画やドラマ、CMに出演し、天才子役と賞賛される鈴木梨央。京都弁について、「難しかったです。方言の先生に注意されたのは、うちはってときにを強調してって言われました。だと標準語になっちゃうので」と、しっかりした受け答えで会場を驚かせた。

それでも、主人公の女の子との共通点は?の質問に、「おじいちゃんが大好きなところです。私、おじいちゃんのことをおじいくんって呼んでるんですね。ちゃんだと女の人みたいになるから」と、かわいらしい一面も。

舞台挨拶にはお母さん役の担当した瀬戸朝香も登場
舞台挨拶にはお母さん役の担当した瀬戸朝香も登場画像一覧

5月に行われた『カンヌ国際映画祭』では、マーク・オズボーン監督、瀬戸朝香、津川雅彦とともにレッドカーペットも経験。「楽しかったです。15分くらいスタンディングオベーションが続いて。私も一緒に拍手して、手がピリピリしました(笑)」とも。映画は1121日から[大阪ステーションシティシネマ]ほかで公開される。

映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』

2015年11月21日(土)公開
監督:マーク・オズボーン
声の出演(日本語吹替版):鈴木梨央、瀬戸朝香、伊勢谷友介、津川雅彦、ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
1時間47分
大阪ステーションシティシネマほかで上映
URL:http://wwws.warnerbros.co.jp/littleprince

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。