泉北・和泉へ、初の特急列車が運行
2015.11.18 12:15

南大阪を走る泉北高速鉄道で、12月5日から初の特急列車・泉北ライナーが運行開始。南海難波~和泉中央駅間を最速29分で結ぶ。

特急列車・泉北ライナー
特急列車・泉北ライナー画像一覧

新しい車両は、南海高野線の特急・りんかんを利用。途中停車駅は、新今宮、天下茶屋、泉ケ丘、栂・美木多、光明池となり、難波~和泉中央駅間の朝のラッシュ時には約40分だったところが10分ほど短縮される予定。また、土日祝も朝、晩と運行するため、[ハーベストの丘]や[大型児童館ビッグバン](ともに最寄りは泉ケ丘駅)、[ららぽーと和泉]、[コストコ和泉倉庫店]、[和泉市久保惣記念美術館](同じく和泉中央駅)など市内から行楽や買い物の足としても重宝しそう。

1970年代に開発され、南大阪のベッドタウンとして発展した泉北ニュータウン。最近は少子高齢化などの問題が指摘されてきたが、トリヴェール和泉の開発も進み、同エリアには新しい世代が多く移り住んできている。特急料金は全区間共通で大人510円、小児260円。10回につき1回無料となる「特急チケットレスサービス」もある。

特急『泉北ライナー』

2015年12月5日(土)運行開始
電話:0725-57-3000
URL:http://www.semboku.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。