大根監督が撮る文化系バディムービー
2015.10.2 12:00

大根監督が撮る文化系バディムービー

将来に何の目的もない高校生・真城最高(サイコー)に、「俺と組んで漫画家にならないか?」と持ちかけるクラスメイト・高木秋人(シュージン)。サイコーが密かに想いを寄せる、声優志望の亜豆美保と「お互いの夢が実現したら結婚する」と約束したことをきっかけに、高校生の2人がプロ漫画家を目指して突っ走る映画『バクマン。』。メガホンをとったのは、『モテキ』『恋の渦』の大根仁監督。高校生漫画家のサイコーとシュージンが、『週刊少年ジャンプ』での連載を目指し、やがてプロとして奮闘するその姿。2人のその純情と情熱にパワーをもらったというライター・田辺が、大根監督を直撃しました。

取材・文/田辺ユウキ    写真/成田直茂

「淡い恋心から始まるのは、少年漫画の王道」(大根仁)

──『バクマン。』を観て本当に感動しました! 特に、佐藤健さん演じるサイコーと、神木隆之介さんによるシュージンという10代の若者が、夢を持って熱く生きているところ。自分にもそういう時代があったな、と思わずノスタルジックな気分になりました。

サイコー、シュージンが連載を目指す『週刊少年ジャンプ』は、あらゆる世代が通過してきた漫画雑誌。この映画にもジャンプのオマージュがたくさんあります。だからこそ、男の子は特に自分の少年時代を思い出すのではないでしょうか。でも、決して女性を切り離しているわけでもない。むしろこれは、女性が観たい男子の「部室感」が漂っていると思います。

──個人的には鑑賞後、北野武監督の『キッズ・リターン』を思い出しました。サイコー、シュージンが苦闘しながら漫画を描いて、ひとつの結末に着地する。安藤政信と金子賢が、「俺たち終わっちゃったのかな」「まだ始まってもいねえよ」と話しながら自転車を2人乗りしている場面が浮かびました。

北野武さんはもっとシニカルでクールだし、あの「まだ始まってもいねえよ」というセリフも、よく観ればどれだけ残酷なものなのか分かる。実際にあの2人は、間違いなく終わっている。ただ本作は、確かにモチーフにしているところはあります。その上で、『キッズ・リターン』とはまた違う、今の時代に沿ったストレートな青春映画を意識しました。

──『モテキ』『恋の渦』を撮ってきた大根監督から、「ストレートな青春映画」という言葉が出るのが、ちょっと意外に聞こえました。

まあ、これまで変化球しか投げてこなかったから。自然に投げても曲がっちゃうので(笑)。

──確かに、サイコーが亜豆美保との恋愛をきっかけに、背中を押されてプロ漫画家を目指すところは直球勝負ですよね。

女の子への淡い恋心から何かが始まるのは、少年漫画の「王道」。本作では、特にアタマ20分くらいは、ザ・少年漫画的な構成をしてみました。ヒロインと唐突に出会い、夢に向かって走り始める。漫画『SLUM DUNK』に例えると、主人公の桜木花道がヒロイン・赤木晴子を目当てにバスケをやりはじめて、そのうちバスケの方にハマっていく。それが男の子というもの。でも、きっかけは不純である方がおもしろい。

ヒロイン・亜豆美保を演じるのは小松菜奈<br /> © 2015 映画「バクマン。」製作委員会
ヒロイン・亜豆美保を演じるのは小松菜奈
© 2015 映画「バクマン。」製作委員会
画像一覧

──バンドをはじめるきっかけとかも、最初は「女の子にモテたい」とかですもんね。

世界中のおバカな男の子はみんなそうですよね。僕は女の子が大好きだけど、でも10代の頃とか、男としてあまり相手にされてこなかったから、いまだに恨みつらみで(映画やドラマを)作っているところはあります(笑)。だから、女の子を振り向かせるためとか、女の子にあんなことを言われたからとか、そういった恋愛体験でモノを作ることは一切ないです。というか、40歳を過ぎてそれがモチベーションになっていたりするのは、さすがにヤバいから。

──あ・・・、でも僕はまだそういうところがあります・・・。

今、いくつですか?

──36歳です。

じゃあ、ギリギリあるかもしれないですね。でもさ、「あの女、絶対に振り向かしてやる」とかでモノを作るよりさ、もうちょっと仕事とちゃんと向き合うべきだと思うけど・・・。

──で、ですよね(汗)。あと、やはり注目はサイコー、シュージンたちが漫画を描くシーン。机に向かって漫画を「描く」という作業は、地味になりすぎて画が動かない。それをどう見せるか、という部分でアイデア(CGを使ったバトルやプロジェクションマッピングの利用など)がたくさん盛り込まれています。

そうですね。「漫画を描く」という、画として地味になりがちな部分を、いかにフィジカル(肉体的)に見せるか考えました。最終的には“地味な肉弾戦”として、カリカリとひたすら漫画を描く描写に着地しようと決めていた。ただ、そこに行き着くまでの見せ方に、違いを出していきました。

──まさにフィジカルですよね。それが、漫画家同士のバトルになっている。でも漫画家さんって、気持ちを表に出してぶつかり合うというイメージは、あまりない気がします。

僕もそう思っていました。でも話を聞くと、全員ではないけど、それくらいの気持ちでやっている人は多いそうです。先日、漫画家の江口寿史さんと対談をしましたが、江口さんはそういうことをまったく気にしていなかったけど、同時期に連載していた車田正美さんは「毎週勝負だ」「絶対にぶっつぶしてやる」という気持ちでやっていたと聞きました。サイコー、シュージンのようなタイプは、車田さんのように、ライバルたちに対抗心を燃やすはず。逆に、彼らの宿敵となる同世代の天才漫画家・新妻エイジは非常に渇いている。「相手にしていない」という雰囲気で漫画を描いていますね。

1 2

映画『バクマン。』

高い画力をもちながらも、ただ流されたままの日々を送る真城最高。彼の叔父はかつて、『週刊少年ジャンプ』に連載していた漫画家・川口たろうだった。連載打ち切り後、過労により亡くなったことが、最高の心に暗い影を落としていた。ある日、クラスメイト・高木秋人に、「俺と組んで漫画家にならないか?」と誘われる。最初は拒否するが、声優志望の亜豆美保と、「お互いの夢が実現したら結婚する」と約束したころから、漫画家への道を志すことになるが・・・。

2015年10月3日(土)公開
原作:大場つぐみ、小畑健(「バクマン。」ジャンプ・コミックス/集英社刊)
監督・脚本:大根仁
出演:佐藤健、神木隆之介、染谷将太、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー
配給:東宝
2時間00分
URL:http://bakuman-movie.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。