石原さとみが語る、兵器班長・ハンジ
2015.9.10 12:00

satomi_top

全世界累計発行部数5,000万部超の大人気コミックの映画化、それゆえの宿命か。メディアやコメンテーターはもちろん、一般人のブログやSNSまで、あらゆるところで論争となっている映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』。そんななか、ネットで賞賛の声を集めているのが、兵器班長・ハンジを演じた石原さとみだ。8月の前篇から約1カ月半、いよいよ後篇が公開される。大阪に訪れた石原さとみに話を訊いた。

写真/渡邉一生

「ネットのみなさんに助けられた気がします」(石原さとみ)

── 石原さん演じるハンジですが、原作コミックでも相当人気のキャラクターです。映画化されること自体、かつてない注目度でしたが、撮影前のプレッシャー、役作りの難しさなどはありませんでしたか?

『進撃の巨人』という漫画は知ってましたけど、ハンジ役でオファーをいただいて、そこで初めて原作を読みました。普通、ハンジをやるって分かった上で読むと、なかなか客観的になれないんですけど、それをも超えるくらいにハマっちゃって(笑)。

── 原作のコミックに?

そう、すっごく面白くて! 今も続きが気になるくらい。そこまでハマる作品に出演できるってすごいことだなと。だけど、自分でもどうすればこの人物になれるのか分からなかったんです。「いや、ハンジは私じゃないだろう」って。そこから、どうしようってなって。プレッシャーと不安がすごくて。友だちにも「『進撃の巨人』って知ってる?」って聞いたらみんなファンだし。もちろん、ハンジのファンもいて。そこから、調べに調べ上げましたね(笑)。

AOT_END_hanji

── 原作では男性、女性も明らかにしてない、ミステリアスなキャラクターですよね。

正直、性別に関しては気にしてないです。(原作者の)諫山先生もあまりそこには触れてないですし。そこよりも、そんなに多くない登場シーンのなかで、どうすればキャラクターの魅力が出せるんだろうか、というプレッシャーがありましたね。ハンジの立ち位置や生き方を客観的に見ながら、心の動きやほかのキャラクターとの繋がりなど、主観的にいろいろ考えて。台本もすごく読み込みました。

── なるほど。もちろん、原作も?

うん、原作を読み込んでクセや傾向、方向性を見つけるのはもちろん、アニメを観て声のトーンや高さ、伸びなんかも勉強して。あと、ネットで「ハンジ」って調べたらいっぱい出てくるんですよ。実写化されるという話の前から、純粋にハンジの魅力を綴っているブログとかがたくさんあって。ネットのみなさんに助けられた気がします。ハンジのことが大好きな人たちに。

── そのなかでいろいろと気付いたこともあった、と。

いっぱいありますよ。画像検索もして、その写真をヘアメイクさんや美術監督(扮装統括)の柘植(伊佐夫)さんに見せたりして。ハンジコスプレの写真を見て、こういう風に着るんだとか、いろいろ助けられましたね。

── この前、映画と完全連動したdTVオリジナルドラマ『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』(全3話・8月15日から配信)で共演されてた平岡祐太さんを取材させていただいたんですが、石原さんが撮影中にアニメのハンジの声優をされている朴ロ美(ぱく・ろみ)さんに電話していたとか。

はい。電話して、いろいろアドバイスいただきました。dTV版のときは、特にですね。ハンジの息遣いとか声の低さ、ちょっと裏返る感じとか、笑い方のバリエーションとか叫び方とか。あと、考え方! ハンジは別に巨人を愛しているわけじゃないんですよね。みんなと同じように駆逐したいし、やっぱり憎しみがベースにある。でも、相手を知らないと駆逐することもできなくて。だからこそ、一体だけでも捕獲したい、そして、解剖したい、とか。そういうことを朴さんと話しました。

── 声の出し方だけじゃなく、ハンジの生き方までお話されたと?

そうですね、あと、声優の友だちにも「ハンジと石原さとみの違い」を教えてもらったりとか。キャラクターを自分に引き寄せるんじゃなくて、ハンジはどういう人間で、なぜこういう人間になったのか、その感覚を掴めればと思って。セリフを早口に読むだけじゃなく、なぜ早口になるのか。そういう根本の部分を考えるようになってからは、演じやすくなりましたね。

1 2

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』

2015年9月19日(土)公開
原作:諫山創(講談社「別冊少年マガジン」連載中)
監督:樋口真嗣
特撮監督:尾上克郎
出演:三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、石原さとみ、ほか
配給:東宝
1時間28分
PG12
© 2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 © 諫山創/講談社
URL:http://www.shingeki-seyo.com/

石原さとみ
1986年12月24日生まれ、東京都出身。女優。2002年、『第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン「ピュアガール2002」』でグランプリを獲得。翌2003年、映画『わたしのグランパ』でデビュー。同年、NHK朝の連続テレビ小説『てるてる家族』でヒロイン・岩田冬子役に抜擢。その名を全国に轟かせる。以降、映画、テレビドラマ、舞台、CMと、幅広い分野で活躍。
URL:http://www.horipro.co.jp/ishiharasatomi/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。