司書猫が出迎え、猫本だらけの図書室
2015.9.11 17:30

コーヒーを飲みつつ、猫本の読書が楽しめる、淀屋橋の「小さなお庭と猫の図書館」。ここでは「看板猫」が司書として働いていて、猫好きの隠れ家スポットとして注目が集まっています。

司書猫シュレちゃんはもっふもふのラグドール、日によってはロシアンブルーのヴィトも出勤
司書猫シュレちゃんはもっふもふのラグドール、日によってはロシアンブルーのヴィトも出勤画像一覧

オフィス街にあるビルの4階。緑に溢れたお庭を横切り、中にはいると、司書猫・シュレちゃんがトコトコトコとお出迎え。本棚には絵本やエッセイ、写真集、漫画・・・と、猫関連の本がずらり。時計やポット、クッションなど小物もすべて猫で統一され、猫好きにはたまらない空間となっています。

猫関連の本がずらり
猫関連の本がずらり画像一覧

そんな室内にはコンセントや無料wi-fiも完備し、PCを持ち込んで仕事をする人も。猫が側にいると仕事や勉強がはかどるそうで、図書館を貸し切ってミーティング利用する人も多いとか。猫と猫の本が大好きな店主・廣瀬眞理子さんが言うには、「会議の雰囲気が変わってスムーズに進むそうで、みなさん猫を側に置いてほしいとおっしゃいますね」。確かに、ピリピリしがちなミーティングも、猫ちゃんがいると和んで、新しいアイデアが生まれてきそう。

昨年12月のオープン以降、火・水・金曜限定の営業ですが、要望が多いため他の曜日の営業も検討中だそう(貸切利用はどの曜日もOK)。9月27日の十五夜には、猫型まんじゅうを作ってお月見をする「観月ねこ茶会」も開催予定で、お手製まんじゅうと一緒に、特製の猫茶碗でお茶もいただける猫づくしの内容なのでぜひ。

「小さなお庭と猫の図書館」

住所:大阪市中央区道修町4-7-11 D▶HB 4F
営業:12:00〜19:00・火水金営業
電話:06-6210-1967
料金:2時間500円(1DRINK)、1DAY 1,000円(FREE DRINK)、貸切利用は要相談
URL:http://nekotosho.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。