石原さとみ「すごく情熱を捧げた作品」
2015.9.4 21:20

その実写化について論争が尽きない映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』。そのなかでネットで賞賛の声を集めているのが、兵器班長・ハンジを演じた石原さとみのハマりっぷりだ。巨人を倒す執念があまりにも強いため、ほかの兵士とはアプローチが異なり、マッドサイエンティストな一面をもつハンジ。役作りに情熱を注いだ石原さとみに話を訊いた。

女優・石原さとみ
女優・石原さとみ画像一覧

「すごく情熱を捧げた作品だったから、評価していただけるのは、すごくうれしいです。完成したものを初めて観たとき、日本映画の力というか、それを作り上げた樋口監督をはじめ、スタッフのみなさんは本当にすごいと思いましたし、その作品に参加できたことが本当にうれしかった。やっぱり、あのスピード感や圧倒されるような映像って、日本映画では観たことないから、そこには注目して欲しいなって思いますね」

映画の撮影中、人気キャラクターを演じることに不安がいっぱいだったと語る石原さとみ。しかし、クランクアップ後に撮影したdTVオリジナルドラマ『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』(第一話の主役がハンジ)では、ハンジをものに出来たのか、「好きに演じさせてもらった」と笑顔で振り返った。

「(映画)本編のときは、ホントに(ハンジ像を)探ってましたね。不安や怖さのなかで撮影してましたし。それが全部終わってからドラマの撮影だったので、ホント、好きに演じさせてもらったというか(笑)。ハンジが好きだから、このセリフを言いたいから、やらせてもらってるような。もう、かなり主観が入ってます。監督にはたくさん相談しましたね(笑)。もう、ドラマ版は漫画のまんまです。ハンジの好きな(漫画の)カットを実写化したような(笑)」

『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』<br />© 2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 © 諫山創/講談社
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』
© 2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 © 諫山創/講談社
画像一覧

9月19日に公開される後篇は、新たに構築された物語。VFXを駆使した巨人の戦闘シーンのほか、ネットでも話題となっていたオリジナルキャラクターが及ぼす物語の行方にも注目だ。

「巨人の戦いぶりですかね。やっぱり私は巨人がメインだと思うので、バトルのシーンはすごく迫力あるし、ワクワクするし。そのあたりはぜひ観てもらいたいです。あと、どこでハンジ出てくるんだってところにも注目して、観て欲しいかな(笑)。新しい『進撃の巨人』として、諫山さんが伝えたかったものも後篇に詰まっていると思うので、前篇を見た方は必ず後篇をみて、自分なりの答えを導き出して欲しいです」

写真/渡邉一生

『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』

2015年9月19日(土)公開
原作:諫山創(講談社「別冊少年マガジン」連載中)
監督:樋口真嗣
特撮監督:尾上克郎
出演:三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、石原さとみ、ほか
配給:東宝
1時間28分
PG12
URL:http://www.shingeki-seyo.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。