静かなる緊張、神戸で舟越桂の彫刻展
2015.7.7 11:13

現代日本を代表する彫刻家、舟越桂。彼の1980年代から現在までを俯瞰できる個展が「兵庫県立美術館」(神戸市中央区)にて開催中。最新作を含む木彫作品30点と、素描、版画など約40点が見られます。

展覧会は3つの章で構成されています。第1章は1980年から1990年代初めに制作された半身像。半身像であること、大理石の玉眼を持つこと、彩色されていること・・・といった、舟越作品に特徴的なスタイルが確立されたのはこの頃です。その静謐なたたずまいは、発表から30年前後を経た今見ても十分に新鮮です。

手前:《山を包む私》 2000年 個人蔵 奥右:DR0003《「山を包む私」のためのドローイング》 2000年 個人蔵 奥左:《「山を立てる」のためのドローイング》 2001年 作家蔵
手前:《山を包む私》 2000年 個人蔵 奥右:DR0003《「山を包む私」のためのドローイング》 2000年 個人蔵 奥左:《「山を立てる」のためのドローイング》 2001年 作家蔵画像一覧

第2章は1990年から2000年代初めの作品。第1章と同じ半身像ですが、山を思わせる胴体や、双頭の人物像、具象表現からはみ出た腕の付き方など、表現に明らかな変化が見て取れます。周囲の環境を含めたより大きな世界を、人物を通して表現しているかのようです。

手前:《バッタを食べる森のスフィンクス》 2008年 個人蔵 奥:《もうひとりのスフィンクス》 2010年 個人蔵
手前:《バッタを食べる森のスフィンクス》 2008年 個人蔵 奥:《もうひとりのスフィンクス》 2010年 個人蔵画像一覧

第3章は2000年から現在の作品で、半人半獣・雌雄両性の特徴を持つ異形の存在「スフィンクス」を中心とした作品が並んでいます。異形とは何か、スフィンクスとは何か。それは人間誰しもが抱えているが、外見には現れないもうひとつの側面(ダークサイド?)を示しており、第1章の作品と見比べた時、作家の表現がどれだけ深化したかが窺えます。

このように時系列で作品を見ながら、一作家の変遷をたどれるのが本展の魅力です。また、木彫作品と共に展示されている素描やスケッチブックを見ると、舟越さんがどれほどドローイングを大切にしているかが分かります。静けさの中にも心地よい緊張感と興奮を孕んだ、見応えのある展覧会です。

取材・文・写真/小吹隆文(美術ライター)

『舟越桂 私の中のスフィンクス』

期間:2015年6月27日(土)〜8月30日(日)
時間:10:00~18:00(金土曜~20:00) ※入場は閉館30分前まで ※月曜休(7/20開館、7/21休館)
会場:兵庫県立美術館(神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1)
料金:一般1,300円、大学生900円、高校生・65歳以上650円、中学生以下無料
電話:078-262-0901
URL:http://www.artm.pref.hyogo.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。