塚本晋也監督「呆然として困るかな」
2015.7.17 13:05

塚本晋也監督が構想に20年かけたという渾身の最新作『野火』。その公開が8月1日に迫るなか、「シネ・リーブル梅田」(大阪市北区)で一夜限りの先行上映会が行われ、塚本監督も舞台挨拶に駆けつけた。

メガホンをとった『野火』、俳優として出演した『沈黙』(マーティン・スコセッシ監督作)と、過酷な撮影続きで10kgも痩せた塚本監督
メガホンをとった『野火』、俳優として出演した『沈黙』(マーティン・スコセッシ監督作)と、過酷な撮影続きで10kgも痩せた塚本監督画像一覧

鬼気迫る壮絶なラストカットで幕を閉じる本作。「この作品を観た後はみんなしばらく呆然とするから、上映後のトークはお客さんが困るかな・・・って思いながら、来ちゃいました」と控えめに頭を下げると、客席からは大きな拍手が沸き起こった。

原作は、太平洋戦争末期・レイテ島の戦いで、結核を患って部隊を追われた日本兵・田村の、飢えと戦いの日々を描いた大岡昇平の『野火』。「初めて読んだのは高校生だったので、もう40年前。衝撃的でした」。そこから20年ほどして、映画にしようとシノプシス(脚本の素案)を練り始めたものの、出資者探しが難航して頓挫。「それでもどうしても撮りたくて。お金はないけど自力でやろう!ってもう一度立ち上がったのが、3年前」。そこからは、一気に事が進み、原作権の取得が2013年3月。6月にはフィリピンで撮り始め、年内には撮り終えたという。「戦争というものが、現実的に身近になって来てしまっていることへの危機感、恐怖があった。必死でした」。

客席からの質疑応答のコーナーでは、「他の戦争映画を意識しましたか?」と質問が。「僕の戦争映画金字塔は、『地獄の黙示録』なんです。自分が戦場に放り込まれたようなあの衝撃が忘れられないし、時々見返してパワーをもらう作品。それからオリバー・ストーン監督自身の戦争体験が折込まれている『プラトーン』も好きだし、『プライベート・ライアン』の冒頭の20分間は繰り返し見てます! どう撮ってるんだ? ってコマ送りして見ながら、予算の違いにあきれたり悲しくなったりしてね(笑)」と、テーマは重いながらも、和やかな舞台挨拶となった。

「フィリピンの美しい原野の中、人間だけが、土くれ(土の塊)のようにボロボロになっている、一種の不条理劇」と監督が語る、残酷な明暗のコントラストに、戦争の悲惨さを今一度、胸に刻んで欲しい作品。まずは予告篇からでも、その一端を目撃していただきたい。

取材・文/hime 写真/渡邉俊夫

映画『野火』

2015年8月1日(土)公開
原作:大岡昇平
監督・出演:塚本晋也
出演:リリー・フランキー、中村達也、森優作、中村優子、ほか
配給:海獣シアター
1時間27分
PG12
シネ・リーブル梅田ほかで上映
© SHINYA TSUKAMOTO / KAIJYU THEATER
URL:http://nobi-movie.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。