故岡本喜八夫人、76歳で監督デビュー
2015.6.16 11:30

東宝を代表する監督であり、数々の娯楽作品を手掛けてきた故・岡本喜八監督。その妻であり、映画プロデューサーとしても公私を支えた岡本みね子が、76歳にして監督デビューを果たした。シナリオライターとして活動した学生時代に立ち返って、旧姓の「中みね子」名義で挑んだ映画『ゆずり葉の頃』。八千草薫と仲代達矢という最上級のキャストで、深みのある、やさしさに満ちた作品に縫い上がった。監督デビューに懸けた思いを伺った。

東宝を代表する故・岡本喜八監督の公私を支えた中みね子監督
東宝を代表する故・岡本喜八監督の公私を支えた中みね子監督画像一覧

「2005年に主人が亡くなって、私は未亡人として語り部をしてきたけれど、7回忌を終えたくらいで、”それでいいんだろうか?””喜八はそんなこと望んでないんじゃないか”と思って、シナリオを書き始めたの。最初から、ヒロインは八千草薫さん以外は考えてなかったわね。昔から冗談半分で”いつか一緒に撮りましょうね”と言い合っていたから」

「当初、『かくれんぼ』というタイトルで、3稿まで書いたんだけど、どうしても気に入らなくて。脚本家の青木研次さんに”おかずの多い映画はロクなものにならない。ご飯がついつい進んでしまうものを”と言われて、一度まっさらにして書き直したのがこの『ゆずり葉の頃』。それを八千草さんにお見せしたら”今までで一番スッと入って来たわ”とニッコリされて。あんな美人に微笑まれたら、もう天にも昇る気持ちで、これは何が何でも映画にしなきゃ!と奮起して。その後、仲代達矢さんに台本をお送りしたら”こんなに長いセリフ覚えられない!”って怒られちゃって(笑)。”台本に書いてあるのは、私の思いなので、それを汲んでどう演ってもらっても構わない”とお願いしたら、すっかり短くなったセリフが返送されてきて脚本が完成したの」

市子(八千草)が自分の「原風景」である1枚の絵を求めて、物語が進んで行く
市子(八千草)が自分の「原風景」である1枚の絵を求めて、物語が進んで行く画像一覧

「撮影中、とにかく気をつけたのは、八千草薫のそよ風のような振る舞いや話し方など、”彼女のリズム”を映画にするということ。終盤のダンスシーンの『キラキラ星』は、”八千草さんのために、童謡のような普遍的な曲を・・・”と作曲家の山下洋輔さんに編曲してもらったもので、お陰でとってもロマンチックなシーンに仕上がりました。もし、喜八がこの映画を見たら・・・。まずは、”エンドマークが付いてよかったね”って言うでしょうね。人の作品を良いの悪いの言う人ではないし、映画を作るのがどれだけ大変か知ってる人だから、上(天国)からニヤニヤしてるんじゃないかしら(笑)」

物語は、自分の「原風景」である1枚の絵を求めて、市子(八千草)が軽井沢の地を訪れることで進んでいく。旅先で様々な人と心を通わせながら、老い支度をする市子。その佇まいに、人間の生まれ持つ清廉性・魂の清らかさを感じる良作。先々でお礼に手渡す、飴玉入りの布袋は、すべて監督のお手製!その温もりにも注目して。

取材・写真・文/hime

映画「ゆずり葉の頃」

2015年6月20日(土)公開
監督・脚本:中 みね子
出演:八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢、ほか
配給:パンドラ
シネ・リーブル梅田ほかで上映
© 岡本みね子事務所
URL:http://yuzurihanokoro.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。