蔵之介「大阪名物・IKY食べた?」
2015.4.27 14:00

入籍から1年ちょっとで妻に先立たれた主人公。通夜の晩、幼い息子と共に前向きに生きる決意をした…ら、そこには死んだはずのヨメの姿が! 川崎フーフさんの闘病ブログを原作に、大胆なファンタジー「ヨメ幽霊」をプラスした映画『夫婦フーフー日記』。その公開を前に、大阪市内で舞台挨拶付きの試写会が行われ、主演の佐々木蔵之介と永作博美が登壇した。

主演の佐々木蔵之介と永作博美
主演の佐々木蔵之介と永作博美画像一覧

京都出身の佐々木は「関西は反応が早い! お金払った分、元取ったろってグイグイ来るのは時々怖いけど・・・(笑)」と、久々の古巣の雰囲気に顔をほころばせた。永作も「素直な反応がうれしい。そして、おいしい!」と大阪の食に触れると、すかさず佐々木が「アイケーワイ食べた?」とひとこと。会場一同が「・・・?」となる中、「関西人はイカ焼きをIKYっていうねん。阪神百貨店にポスターも貼ってある」と主張したが、客席からは「えーー!?」と疑惑のどよめきが起こり、支持率は低かった。

2人の共演は、ドラマ『ラストプレゼント』での夫婦役以来、約10年ぶり。「何にも打ち合わせをせず、ぶっつけで撮影したんです。お互いにゆだね合う感じで楽しかった」と佐々木が語ると、ウンウンとうなずく永作は、「ちなみに、私たち20歳の出会いのシーンから演じてます。撮影当日は、なるべく佐々木さんの顔を直視しないように、私も鏡見ないようにして、若作りして頑張りました(笑)」と、自らの半分以下の年齢を演じきったことを告白。懐かしいカルチャー満載の若かりし過去のシーンにもぜひ注目して。

ドラマ『ラストプレゼント』以来、約10年ぶりの共演となる2人
ドラマ『ラストプレゼント』以来、約10年ぶりの共演となる2人画像一覧

取材・写真・文/hime

映画『夫婦フーフー日記』

2015年5月30日(土)公開
監督:前田弘二
出演:佐々木蔵之介、永作博美、佐藤仁美、高橋周平、ほか
配給:ショウゲート
1時間35分
大阪ステーションシティシネマほかで上映
© 2015 川崎フーフ・小学館/「夫婦フーフー日記」製作委員会
URL:http://fu-fu-nikki.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。