カメラは必携! USJの「進撃の巨人」
2015.1.22 13:14

1月23日より始まる『ユニバーサル・クールジャパン』。その一つ、等身大の巨人に出会える「進撃の巨人・ザ・リアル」はアトラクションはもとより、カメラ持参でもっと楽しむことができます。

等身大の巨人
等身大の巨人画像一覧

まず、エリアに入ると見えてくるのは、巨人になったエレン15m級と女型巨人14m級! 等身大というだけあって、見上げるほどのでかさ。この前で、巨人と同じポーズで写真を撮ったり、調査兵団マントを羽織って巨人に初遭遇した恐怖感を演じるのもいいかもしれません。

食べられる恐怖を再現
食べられる恐怖を再現画像一覧

その隣にあるのが捕食巨人。「人類を救うために戦う兵団員はあちらから参加してくれ!」と声をかけられ列へ。ここでは、巨人に手でわしづかみされて、まるで食べられるかのような状況が再現できます。しかも、フォトオポチュニティ・スポットで、クルーが撮影してくれるので、演技力を発揮してみんなで苦しみもだえるポーズを!

『女型の巨人 捕獲作戦〜ウォークスルーアトラクション』は細い通路を移動しながら、スクリーンを観賞して『進撃の巨人』の世界観を楽しめるアトラクション。原作を読んだことがない人も、歩いて行くうちに内容が分かるような構成に。なかでも注目はクロノイド(世界最高の人類再生術を用いた人型のこと)。リヴァイ、ミカサ、アルミンがまるで生きているよう! このゾーンはまさにシャッターチャンスの宝庫です(ほかのゾーンは撮影不可)。

今回の「ユニバーサル・クールジャパン」のオフィシャル・サポーターでもあるHYDEも「(最初に巨人を見て)ねぇ、って笑っちゃった。いるやんって。これは絶対写真撮る。僕も撮りました。ちょっとこわいぐらい」。アトラクションにもいち早く参加し、「手とか生え際を見ると本物! まるで剥製じゃないかと思うぐらい」と大興奮。

また、カートで販売する超大型巨人の首元をリアルに再現した『超大型巨人ムース〜ブレードで駆逐せよ〜』はブレード型のスプーンで、首元に切り込み巨人を倒すイメージで楽しんで。調査兵団になりきって、各所でポーズをとって思い出に残るフォトを!

ユニバーサル・クールジャパン 女型の巨人 捕獲作戦〜ウォークスルーアトラクション

期間:2015年1月23日(金)~5月10日(日)
場所:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区桜島2-1-33)
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会 ©カラー
URL:http://www.usj.co.jp/universal-cool-japan2015/index.html

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ