ARアプリ活用、震災写真を街中で閲覧

2014.12.1 18:34

風景に向かってスマホをかざすと、画面上にその場所のデータ情報などが表示される「拡張現実(AR=Augmented Reality)」。その技術を利用して、阪神・淡路大震災の記憶を伝える新たな試み『...

  • LINE
  • お気に入り

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本