Q10なカノジョ 第25回 永原真夏
2014.11.13 19:37

映画・音楽・舞台・アート・・・関西の気になるカルチャーニュースで見つけた、かわいいあのコに、Q10(キュートと読んでネ)=10のQ(質問)を尋ねる連載シリーズ。第25回は、“躍動するカラフルバンド”SEBASTIAN Xのボーカリストとして活躍するこのカノジョ!

ミュージシャン・永原真夏(写真/バンリ)

「何しても大丈夫な大阪はすごく安心」

Q1 まずは生年月日と出身地を教えてください。

1987年7月23日です。東京出身です。大阪に少しだけ住んでいました。

Q2 小さいころはどんな子?

小さいころは・・・わがままで内気だったと思います。趣味が合う友だちと一緒に絵を描いたりとか、歌ったりしてました。「悪魔くん」とか「セーラームーン」とかですかね。

Q3 SEBASTIAN Xを組んだのは?

キーボードの工藤歩里と高校でクラスメイトになりまして。お互い音楽の好きなジャンルが似てたので、学園祭でコピーバンドをやったんです。そしたらライブハウスでもやってみたら?って言われて、友だちの友だちみたいな感じで紹介してもらったのが、ベースの飯田くんとドラムの沖山くんでした。

Q4 その頃のバンドは、爆音だったと。

クラッシュとかブルーハーツ、あとピストルズとか好きだったので、最初はそういうコピーから始めて。こういう音楽を・・・というより、周囲にいる人たちがそんな感じだったんですよ。対バン相手に林檎を投げつける客がいたり、灰皿がガーンとぶちまけられるとか。

Q5 パンクって、そういうものなんですか?

私も最初観たとき、「マジかよ!マンガかよ?」って思いました(笑)。自分がパンクとかハードコアをやっていくのかっていったら、逆らいたくなっちゃって。そういう共演者の中でものすごいポップな歌を歌ってみたらどうなるのかな?っていうのが、SEBASTIAN Xの始まりかなって最近思ってます。

Q6 SEBASTIAN Xって、普通にストレートなポップをやらないバンドだと思うんですが、そういうスタートがあったんですね。

そうですね。でも、自分たちなりに一生懸命ストレートにポップをやってるんですよ。昨日も歩里に、「最近、取材とかでポップって言ってもらえるんだ!」って話したら、死ぬほど喜んでましたもん。「やった! 私たち、ポップになりたいってやってきたもんね!」って。フックとしていろんな要素を入れてますけど、基本的にはポップです。バンドの育ってきた場所が、いろんなバンドがいたので自然とそうなるのかも。

Q7 10月22日には、メジャー第一弾となるミニアルバム『イェーイ』がリリースされました。プロデュースにはクラムボン・ミトさんがクレジットされています。

レコーディングのとき、自分でも気付かないうちに、知らないスタッフや初めてのスタジオに萎縮してたみたいで、パーンとエネルギーを解放できてなかったんです。それをミトさんは見抜いてくれて、音的なことだけじゃなく、メンタル的なところまで解放してくれたんです。ホント、尊敬してます。

Q8 勢いのあるタイトルながら、サウンドはそれだけに頼らない細かな音作りで、型にはまらない変則的なポップさもあって、すごくSEBASTIAN Xらしさを感じました。

わたしもすごく、SEBASTIAN Xだなって思いました。ミトさんに入ってもらって、音がより良くなったし、バンドのカラーもさらに見えるようになりました。

Q9 そして、クレージーキャッツの名曲「スーダラ節」も収録されています。

「スーダラ節」のカバーは、結婚式やB-BOY系のクラブとか、いろんなところで歌ってたんですけど、ビックリするぐらいどこでもハマるんですよ。変に昭和感のあるアレンジは違うし、コミカルさを前面に出すアレンジでも無いと思って。ユーモアと格好つける感じ、それと、自分のドキュメントとしての「スーダラ節」のバランスをすっごい一生懸命考えましたね。

Q10 11月からは『イェーイ!』のレコ発ワンマンがスタートします。大阪は21日(金)、[Music Club JANUS]に登場です。

大阪のお客さんとは関係性も深いので、こっちも心置きなく没頭できるというか、楽しめるというか。自分みたいな性格だと突っ込まれないと不安になるわけですよ。「イェーイ!!」って言ったのに、「あぁ、はい」ってされるちゃうと、「ちょっと待ってよぉ(泣)」ってなるので、何しても大丈夫という大阪はすごく安心感があるんです。

Who is Manatsu?
Q10なカノジョは、どんなコ?

永原真夏(ながはら・まなつ)
2008年に結成された男女4人組バンド・SEBASTIAN Xのボーカリスト。メンバーは、永原真夏(vo)、工藤歩里(key)、飯田裕(b)、沖山良太(ds)。ギターレスとは思えないパワフルなサウンドながら、愛らしい楽曲の世界観で注目を集める。2009年に初の全国流通盤となる『ワンダフル・ワールド』をリリース。 その後も、 2ndミニアルバム『僕らのファンタジー』(2010年)、1stフルアルバム『FUTURES』(2011年)、 3rdミニアルバム『ひなぎくと怪獣』(2012年)、2ndフルアルバム『POWER OF NOISE』(2013年)と、コンスタントにリリースとライブ活動を重ねる。2014年10月に、ミニアルバム『イェーイ』でメジャーデビュー。それを携えての全国ツアーも11月からスタートする。
SEBASTIAN X公式サイト
永原真夏twitter

ミニアルバム『イェーイ』
2014年10月22日発売
初回生産限定盤(CD+DVD)
2,160円/CTCD-20009/B
通常盤(CD)
1,620円/CTCD-20010
ONECIRCL

Q10なカノジョには、ここで会えます!

SEBASTIAN Xワンマンツアー2014
『イェーイ』
日時:2014年11月21日(金)・19:00~
会場:Music Club JANUS
料金:3,000円(ドリンク代別途要、オールスタンディング、整理番号付)
※3歳以上チケット必要
電話:06-6882-1224(GREENS/平日11:00~19:00)
http://www.greens-corp.co.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ