能年玲奈「私は口下手、閉じこもってしまう」
2014.8.11 18:30

1986年から別冊マーガレットで連載され、全4巻で700万部という驚異的な売り上げを記録した、紡木たくの『ホットロード』。今なおバイブルにしている人も多い少女マンガを能年玲奈、登坂広臣(三代目J Soul Brothers)で映画化。今週末の公開に先駆け、「なんばパークスシネマ」で会見が行われた。

会見に登場した登坂広臣(三代目J Soul Brothers)と能年玲奈画像一覧

プロデューサーが「この2人だから」と、熱烈オファーしたという本作。初共演だったお互いの印象について、能年は「私はすごく口下手で、1人で閉じこもってしまうんですけど。登坂さんはすごく現場を明るくしてくださって、そのお陰で私は気兼ねなく黙々と1人になれたというか(笑) やさしい方だなぁと思いました」とコメント。それを受け、登坂は「やさしく見守ってはいないと思うんですけど(笑) でも、ストイックに取り組む姿勢だったり、役に入っていく感じだったり、近くで勉強させていただきました」と、映画初出演だったこともあって能年から学ぶことも多かったよう。

登坂広臣は本作が映画初出演
登坂広臣は本作が映画初出演画像一覧

本作の共演シーンで印象的なのが、バイクの2人乗り。登坂は「昔はバイク乗って友だちと遊んだりしてたんですけど、大人になってからは久々。しかもバイクがビンテージものだったので、本当に男心をくすぐられて」と、バイク好きにはたまらない撮影だった様子。一方、能年は「…風が吹いて、気持ちよかったです(笑)」と、マイペースな「能年節」で会場に笑いを誘いました。

マイペースな「能年節」で会場をほのぼのさせた能年玲奈
マイペースな「能年節」で会場をほのぼのさせた能年玲奈画像一覧

そして本作のもう1つの重要テーマが、親子愛の再生。能年と母親役の木村佳乃が気持ちをぶつけ合うシーンは、登坂にも印象的だったよう。「紡木先生からもこのシーンに情熱を注いで描いたとお聞きしたので、撮影は気が引き締まりました。木村さんと能年さんの空気感とか、2人がすごくオーラを放っているのを肌で感じていたので、僕がそこに入っていくのも緊張しました」と語った。

また、会見がおこなわれた8月8日は「親孝行の日」ということで、親の愛についての質問も。登坂は「あまり口多くは言わない親なので、普段の活動も含め、やさしく見守ってくれてる感じはします。これからは、いい思いをさせてあげられるよう頑張りたいと思います!」と、親孝行宣言が。能年は「普段あまり連絡をとったりはしないんですけど。誕生日にプレゼントが届いて、『親だなぁ…』と感じたというか。あと、家族全員で話せるようにグループラインを作ったりして、交流を作って親孝行しようと励んだりしました(笑)」と、超プライベートなエピソードも披露。

「10代特有の痛みだとか、好きな人に対して、親に対しての感情とか、たくさんの青春が詰まった映画になっていると思います」(能年)との言葉通り、いろいろな形の愛、甘酸っぱい青春がギュッと詰まった本作。公開は8月16日から。

『ホットロード』

2014年8月16日(土)公開
監督:三木孝浩
出演:能年玲奈、登坂広臣、鈴木亮平、太田莉菜、木村佳乃、ほか
配給:松竹
URL:http://hotroad-movie.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ