Q10なカノジョ 第7回 bómi
2012.7.10 12:00

映画・音楽・舞台・アート・・・関西の気になるカルチャーニュースで見つけた、かわいいあのコに、Q10(キュートと読んでネ)=10のQ(質問)を尋ねる連載シリーズ。第7回目は、独特のセンスがポップに炸裂。1stミニアルバムを発表した、キュートでエキセントリックなカノジョ!
※撮影はカノジョが生まれ育った天満橋筋商店街周辺!

写真/バンリ

「すべからく空回りするタイプです(笑)」

Q1 リード曲「キューティクル・ガール」は、すこぶるポップに突き抜けた1曲ですね。プロデューサーのwtfさんとはどうのように出会ったんですか?

以前は自分が世界の悲しみを背負っちゃった、みたいな曲を歌ってたんですけど、でも少し客観的に見たときに、その寂しさや悲しさって、誰もが持ってるものじゃないかと気付いた瞬間があって。それで自分に合ったアウトプットの方法を探し始めたときに、ちょうど今のプロデューサー・wtfと出会って。最初はワタシが書いた曲をアレンジしてくれるって話だったんですけど、「ごめん!アレンジは浮かばなかったんだけど、新曲を書いてきたから聴いて」って言われて。

Q2 その曲がある意味、現在のbómiの方向性を決定づけたと?

そうですね。ワタシにとってのロックって、レッチリとかストーンズとか、ちょっとマッチョな感じだったんですけど(笑)、全然違うアプローチながらすごい尖ってて、すごいエキセントリックでかっこいい音楽だなって。最初はCSS(カンセイ・ジ・セール・セクシー/サンパウロ出身のディスコパンク・バンド)の曲が送られてきて、この子たち良くない?って言われて。空気感とかかっこよくて。エネルギッシュだし。こういうのだったらやってみたいなって。最初、自分にできるかなって思ったけど、うん、肌に合ってるみたい。

Q3 プライベートで聴く音楽にも変化はありました?

幅が広がりました。インディーロックをよく聴くようになった。ウォーペイント(アートと実験性の強い女性4人組バンド)とかザ・ゴー!チーム(日本人女性も在籍する多国籍バンド)とか。基本的に声が好きなんです。あと音楽に対する姿勢とか。宝美時代のように、生きることに真摯に向き合うのもいいけど、もっと楽しいコトしようぜっていう音楽もいいと思って。辛いのとかみんな分かってるから、せめて音楽をやっているときくらい、楽しい気持ちになりたくなったんです。

Q4 悲しみも喜びも、全部分かっててやる音楽、というのが、今のスタイルなんですか?

そうかもしれない。やるからには振り切ってみようって感じですけど。もちろん悲しみに焦点を絞ったら分かりやすいし、それも音楽の姿勢としてアリなんだけど、ワタシはもっとウニュウニュしてるというか。それをそのときの自分のモードに合わせて自由自在に表現できるんじゃないかって思ってて。特に今回の『キーゼルバッファ』は、めっちゃアゲアゲの曲もあるし、キュンとするようなしっとり系の曲もあるし。そういう意味でも今作は、闇の部分もありつつ、すごくいいバランスで表現できたんじゃないかなって。

Q5 ちなみに子どもの頃はどんな女の子でした?

小さい頃はすごい自己顕示欲が強くって。まぁ、目立ちたがり屋なんですけど(笑)。もっと知って欲しいという気持ちは人一倍強かったかも知れない。でも今は封印しがちで。スタッフさんには、「bomiちゃんさ、もっと愛されたいって言えばいいじゃん」みたいに言われたことがあったんです。「いやいやいや、相当エゴじゃないですか」って思ったけど、よく考えるとそういう人間だなって。愛されたいと思っていろんなことをするんだけど、すべからく空回りするタイプで(笑)。

Q6 愛されたいんですか?

愛されたいんだけど、キャーかわいい!みたいに言われると怖いんですよ。慣れてないから。だからか、昔から、表現する方向が間違っちゃってて(笑)。真っピンクの鞄を背負って、革靴にくるぶしソックス履いて学校行ったりとか。五本指のソックスがすごいかっこいいと思ってたし。なに、あの子、変!って言われてました。そういうベースがあるから、小馬鹿にされるぐらいの方が話してて楽というか。ヘタレキャラなの、ワタシ?

Q7 愛されたいんだけど、ストレートに来られるとテレる、みたいな?

そう。どっちやねん、みたいな。分かりやすさがない(笑)。自分としてはシンプルなんだけど、すごい分かりにくいだろうなって。でも、人間ってグレーな部分もたくさんあると思ってて。私はそれを表現できればと思ってて。バカになりたいと思ってバカなフリしても痛いし、かといって、超絶賢いわけでもない、どうするよ、ワタシどこに落とし所見つけるよって。今もってそこに光は見つかってないんですけど、そういう葛藤こそ私が思う今のリアルだから。そういう感情を音楽で表現できたらいいなって。

Q8 アンケートには「麻雀、睡眠、ひとり旅」とありますが、今の趣味ってなんですか?

今は忙しくてひとり旅も麻雀もできないから、日々、ちっちゃくトリップしてます。浅草行ったり、神保町の本屋行ったり。それぐらい。今は「はまってることは?」って訊かれるのが困る(笑)。そういえば、なぜか最近、週刊文春は読んでますね。つり革広告を見て、気になって。連載も面白いし。あぁ、どんどんオッサンみたいになっていくな(笑)。

Q9 愛されたいという女の子っぽい感情から、麻雀と文春を愛するオッサン的志向まで幅広いですね。

ひと言で語れないんですよ。自己啓発本とかめっちゃ読んだときもあったけど、24歳にもなると、それ読んだからってうまくいくわけない、とも思ってて。たまに、頑張らなくてもいいよっていう自己啓発本も買っちゃうんだけど(笑)。なかなか、どっちにも決められない、それでも明日はいいことあるって信じたいという。今のbómiの音楽って、そういう気持ちの人には寄り添える曲なんじゃないかなって。

Q10 8月10日(金)に1stミニアルバム『キーゼルバッファ』リリース記念のライブが予定されています。どんなライブになりそう?

『キーゼルバッファ崩壊♡』というタイトルの自主企画イベントを「OSAKA MUSE」でやります。Sentimental Toy paletteとキドリキドリに出演してもらいます。自分でオファーして。来場者にキーゼルバッファ用のオリジナルティッシュをプレゼントしようと思っています。ぜひ遊びに来てください!

Who is bómi?
Q10なカノジョは、どんなコ?

bómi(ボーミ)
1987年7月17日、アメリカ生まれ、大阪育ち。韓国人の両親をもつ、K系ガール。「宝美」名義で2007年より音楽活動をスタート。2011年にプロデューサー・wtfと出会い、 「bómi」名義となる。同年、TOWER RECORDS限定ミニアルバム『Gyao!Gyappy!!Gyapping!!!』、『OH MY POOKY!!!』をリリース。カラフルなエレクトロサウンドと持ち前の歌唱力、さらにはバンド形体でハッピーなライブパフォーマンスが話題となる。また、そのキュートなビジュアルや独特のセンスがファッション界やサブカル界からも注目を集めている。2012年6月にメジャー1stミニアルバム『キーゼルバッファ』をリリース!
公式サイト
公式ブログ「初めてガムを噛んだ日」

Q10なカノジョには、ここで会えます!

1stミニアルバム『キーゼルバッファ』
2012年6月20日発売
初回盤
COZP-633~4(CD+DVD)/2,100円
通常盤
COCP-37368(CD)/1,575円
日本コロムビア
http://columbia.jp/bomi/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ