京都で楽しむ春のお花見、桜の名所

古くは『万葉集』に登場し、その後も歌に詠まれるなど、古来より多くの人に愛されてきた桜。そんな桜の下で宴を交わす『花見』は、元は貴族の遊びのひとつ。庶民に定着したのは、江戸染井の植木屋が移植・栽培が容易で生長な品種・ソメイヨシノを各地に普及させた江戸時代以降なんだとか。さて、今年はどこで春を迎えますか?

  • 元離宮二条城【中京区】
    桜とお城の競演

    例年の桜最盛期:4月上旬
    入城料:大人1300円、中高校生400円、小学生300円(二の丸御殿観覧料含む) ※ライトアップ観覧料の詳細は公式サイトへ
    ライトアップ:3/17〜4/15・18:00〜21:00(受付時間)

  • 平安神宮【左京区】
    京洛の春を代表

    例年の最盛期:3月下旬~4月中旬
    神苑拝観料:大人600円、小人300円
    ライトアップ:4/5〜4/9(コンサート開催時のみ)

  • 岡崎さくら回廊十石舟めぐり【左京区】
    優雅な水上のお花見を

    例年の最盛期:3月下旬〜4月上旬
    乗船料:大人1500円、小人800円、幼児(3歳以上)500円
    ライトアップ:なし

  • 熊野若王子神社【左京区】
    武将たちが愛した名所

    例年の最盛期:3月下旬~4月上旬
    拝観料:無料
    ライトアップ:なし

  • 蹴上インクライン【左京区】
    ノスタルジーな風情

    例年の最盛期:3月下旬~4月上旬
    入場料:無料
    ライトアップ:なし

  • 知恩院【東山区】
    約200本の優雅な桜

    例年の最盛期:3月末~4月上旬
    拝観料:無料
    ライトアップ:3/24〜4/2・17:45〜21:30

  • 清水寺【東山区】
    境内が桜一色に

    例年の最盛期:4月上旬
    拝観料:大人400円、小・中学生200円
    ライトアップ:3/25〜4/2

  • 高台寺【東山区】
    白砂と桜の美

    例年の最盛期:3月下旬
    拝観料:大人600円、中高生250円
    ライトアップ:3/17〜5/7

  • 円山公園【東山区】
    夜桜は別格

    例年の最盛期:3月下旬~4月上旬
    入場料:無料
    ライトアップ:未定

  • 天龍寺【右京区】
    様々なアングルの美桜

    例年の最盛期:3月下旬〜4月上旬
    庭園参拝料:大人500円、小中学生300円(諸堂参拝は300円の追加)
    ライトアップ:なし

  • 龍安寺【右京区】
    水面に映る優美な桜

    例年の最盛期:3月中旬~4月上旬
    拝観料:大人・高校生500円、小・中学生300円 ※4/1より大人600円
    ライトアップ:なし

  • 嵐山公園【右京区】
    桜の景勝地

    例年の最盛期:3月下旬~4月上旬
    入場料:無料
    ライトアップ:なし

  • 仁和寺【右京区】
    江戸時代からの名所

    例年の最盛期:4月上旬~中旬
    入山料:大人500円(3月中旬頃〜5月上旬頃の御室花まつり期間のみ)、高校生以下無料(次世代への文化支援として) ライトアップ時:大人1000円、高校生以下無料
    ライトアップ:5/26〜7/2の金土日祝・19:00〜21:00

  • 上賀茂神社【北区】
    世界文化遺産を彩る桜

    例年の最盛期:3月下旬~4月上旬
    拝観料:無料
    ライトアップ:なし

  • 平野神社【北区】
    珍種桜も多数

    例年の最盛期:3月下旬~5月連休
    拝観料:無料
    ライトアップ:あり

  • 東寺【南区】
    世界遺産に200本の桜

    例年の最盛期:4月上旬
    拝観料:境内自由、金堂・講堂500円
    ライトアップ:あり

  • 淀川河川公園背割堤地区【八幡市】
    約220本のソメイヨシノ

    例年の最盛期:3月下旬〜4月上旬
    運営協力金:1人100円(6歳未満は無料)
    ライトアップ:なし

  • 石清水八幡宮【八幡市】
    色彩のコントラスト

    例年の最盛期:3月下旬~4月上旬
    拝観料:無料
    ライトアップ:なし

  • 宇治川【宇治市】
    平安貴族に愛された名所

    例年の最盛期:3月下旬~4月上旬
    入場料:無料
    ライトアップ:なし

  • LINE
  • お気に入り

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本