ワクチン接種の進む神戸市、49歳以下の予約開始を前倒しへ

2021.6.25 07:15
  • 新型コロナワクチンの接種状況について説明する久元喜造神戸市長(6月24日、神戸市役所)
  • 神戸市の1回目のワクチン接種率は、全市民の26.2%。全国平均を大きく上回っている(神戸市提供)
  • 年齢や基礎疾患、職業によって予約開始日が段階的に定められている(神戸市提供)
  • 一般対象者のうち49歳以下は、当初の予定より2〜5日、予約開始の日程を前倒しする(神戸市提供)
  • 従来の優先予約対象者に続き、上記の職業に従事する人は年齢に関係なく7月5日から予約できる(神戸市提供)
  • 12〜15歳へは、7月21日から接種券が発送される(神戸市提供)
  • 新型コロナワクチンの接種状況について説明する久元喜造神戸市長(6月24日、神戸市役所)
  • 神戸市の1回目のワクチン接種率は、全市民の26.2%。全国平均を大きく上回っている(神戸市提供)
  • 年齢や基礎疾患、職業によって予約開始日が段階的に定められている(神戸市提供)
  • 一般対象者のうち49歳以下は、当初の予定より2〜5日、予約開始の日程を前倒しする(神戸市提供)
  • 従来の優先予約対象者に続き、上記の職業に従事する人は年齢に関係なく7月5日から予約できる(神戸市提供)
  • 12〜15歳へは、7月21日から接種券が発送される(神戸市提供)
(写真6枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本