鬼滅ファンに人気、「炎柱」「音柱」お守りが奈良で話題

2021.1.5 17:45
  • 葛木坐火雷神社の「火守」と「音守」(初穂料1000円)
  • 我妻善逸の羽織の柄っぽいと言われる「こども守」(初穂料500円)
  • 「煉獄さんが好きだから」と「火守」を授かる、奈良市から訪れた小学3年生
  • 社号前で鬼滅コス撮影をするのが人気の「葛木坐火雷神社(かつらきにいますほのいかづちじんじゃ)」(奈良県葛城市)
  • 葛木坐火雷神社の「火守」(初穂料1000円)
  • 「本来の意味を知っていただけたら」とお守りや御朱印についての説明書きを用意
  • 聖地として知られるようになってから、絵馬に鬼滅の刃の登場キャラを描く参拝者が増えた
  • 葛木坐火雷神社の「火守」と「音守」(初穂料1000円)
  • 我妻善逸の羽織の柄っぽいと言われる「こども守」(初穂料500円)
  • 「煉獄さんが好きだから」と「火守」を授かる、奈良市から訪れた小学3年生
  • 社号前で鬼滅コス撮影をするのが人気の「葛木坐火雷神社(かつらきにいますほのいかづちじんじゃ)」(奈良県葛城市)
  • 葛木坐火雷神社の「火守」(初穂料1000円)
  • 「本来の意味を知っていただけたら」とお守りや御朱印についての説明書きを用意
  • 聖地として知られるようになってから、絵馬に鬼滅の刃の登場キャラを描く参拝者が増えた
(写真7枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本