佐藤浩市と火野正平、東日本大震災の映画を「題材として危険だと思った」

2020.2.10 22:30
  • 左から火野正平、佐藤浩市(2月10日撮影)
  • 佐藤「事故後5日間の出来事を数週間かけて時系列どおり順撮りしたので、そういった中に身を置いていると、みんなの顔が変わってきた。それが映画としてとても良かったと思う」と語った
  • 今回、映画に出演する渡辺謙が登壇できなかったことから、「こんばんは、渡辺謙です」と代理で挨拶した火野正平
  • 左から火野正平、佐藤浩市(2月10日撮影)
  • 佐藤「事故後5日間の出来事を数週間かけて時系列どおり順撮りしたので、そういった中に身を置いていると、みんなの顔が変わってきた。それが映画としてとても良かったと思う」と語った
  • 今回、映画に出演する渡辺謙が登壇できなかったことから、「こんばんは、渡辺謙です」と代理で挨拶した火野正平
(写真3枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本